2017年10月 8日 (日)

「工場と時計と細胞」(「相模文芸」33号)とセガ労組活動=外狩雅巳

  セガ・エンタープライゼス社での労組公然化活動の記録。それを題材にしたのが、「工場と時計と細胞」で青春の一時期を記録した作品です。
  当時、中央労働学院の同級生を誘い入社させた仙洞田氏。彼の作品『忘れ火』の素材こそあの70年安保の時代です。
 『民主文学11月号』で連載も11回目になりました。私の記録と重なる部分を描写したが多くなりました。
 当事者の私には、当時の事実を下敷きにした事がよく判ります。古参幹部の回顧部分などに事実の数々を読んでいます。
 懐かしさで胸が一杯になり涙を拭いながらの読書です。そうした労働者達の築き上げた革新勢力の一端です。
それが今回の選挙情勢の中で困難な環境になっています。リベラルとか共産党とかは禁句となりそうな世の中です。
  当時は純粋に働く人の報われる社会を呼びかける事でした。しかし、中国等の社会主義国の現状が批難されています。総選挙の争点となり声を上げるのもはばかれる現状です。「詩人回廊」に、そのベースを連載し、それを編集して「相模文芸33号」に掲載した作品です。
 あの70年安保闘争の高揚の再来を切望し書きました。高齢者になり国の未来に不安を抱きながら生きています。22日の総選挙開票を固唾を飲んで待ち続けています。


| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

<ノーベル文学賞>「日本はもう一つの古里」イシグロさん

 「でも、英国でも米国でも、この小説を自分たちに今起こっていることとして読んでくれる人は多いですよ」と語った。日本でも記憶を奪おうとする動きがあることを感じたはずだ。だからこそ、その作品群は、世界はもとより現代の日本人の胸に深く響く。最後に「私の底には、子ども時代があります。もう一つの古里です」とほほ笑んだ。【鶴谷真】
《参照:毎日新聞<ノーベル文学賞>「日本はもう一つの古里」イシグロさん

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

赤井都さんが新作『一千一秒物語』予約受け付け開始

  赤井都メールマガジンより=三省堂書店神保町本店一階での一週間の催事「そっと豆本、ふわっと活版6」無事に好評終了しました。おいでいただいた皆さま、お世話になった皆さま、ありがとうございました。今年で6回目なんですよ。
  去年は、2016年のミニチュアブックソサエティの賞状を飾って、『雨ニモ負ケズ』初売り。その前は、受賞作となる『月夜のまひる』を新作として出品し、皆様と出会いを作っていました。絵を販売し始めたのもこの時が最初でした。今年は、香港からいただいた木製ミニプレスなどを飾り、新作は『一千一秒物語』。見本しかできていないので、予約を受け付けました。 言壺便りでも、ご予約を受け付けます!
  『一千一秒物語』販売価格 4万7千円。ご予約金として内金1万円をお支払い下さい。お振込か、カードへの請求をペイパル経由のメールでお送りすることができます。
  年明け頃に、品物ができましたら、残りの3万7千円をお支払い下さい。限定12部の制作です。全12巻の巻物が、三段の引出しの中に入っています。マグネットを利用して、一巻ずつ枠にセットして読書します。
  文章と絵をそれぞれに印刷した雁皮紙を二枚貼り合わせた本文紙です。文字部分はレーザープリンタ、絵は活版とドライポイントです。全巻にわたり、グラデーションカラーの挿絵が多数入っています。函には、純金箔、革モザイク、マーブル紙を使用しています。断面は割れてこないように、ろうをつけました。
作品画像はーこちら「外観」「中観」ーをご覧ください。
  金箔押しとモザイクは池袋のデコールレッスンに2年通って、ようやく直線と直角と、そして小さなワンポイントを押せるようになりました。先生にも画像を送ったところ、コントロールがお見事です、とお返事いただいて、とても嬉しいです。ご指導の賜物。クラシックバレエで、体幹が鍛えられたのも良かったのかも。
  ご予約は、このメールにリプライでお申し込み下さい。作るのが大変なので、まずご予約いただきましたら着手します。材料費もかかったので、ご予約金をいただくと助かります。
  ちなみに、豆本を作った後でまだ使えた凸版で、絵はがきを印刷しました。テキンでガチャガチャと、和紙にグラデーション印刷しました。東京堂書店で委託販売します。『孤独』抜き刷りも、販売します。こちらは豆本を作った残りのページで、枠にぴんと張り詰めた雁皮紙が美しいです。
  

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

中村文則さん「R帝国」インタビュー(東京新聞)

「朝、目が覚めると戦争が始まっていた」―。物語は、隣国の核兵器発射準備をR帝国が空爆で阻止したニュースで幕を開ける。
 R帝国は″党″と呼ばれる国家党が強権体制を敷いている。民主主義の体裁を取るために存在する野党で議員秘書を務める栗原は、戦争の背後に党の思惑があることを知り、抵抗組織「L」と行動を共にする。
 R帝国には、ヒトラーやスターリンのような独裁者が存在するわけではない。「空気と流れで、いつの間にか全体主義的になってしまう、『日本的な独裁』を描いた」と中村さんは説明する。その風刺が痛烈だ。
 例えば「人権」「真実」など、党にとって都合の悪い言葉は「うさんくさい」「青臭い」「格好悪い」といった負のイメージを植え付けられ、無効化される。党を支援する「ボランティア・サポーター」たちは、指示されなくても党の意向を″忖度(そんたく)″し、反政府的だと判断した人々への過剰な悪口をまき散らす。
 信憑性(しんぴょうせい)の乏しいネット掲示板のうわさに飛び付き、喜々として攻撃を繰り返す男性が吐き捨てるように言う。「事実? そんなものに何の意味がある?」。フェイクニュースがまん延し、国や政権に批判的な言動がネットでたたかれる現状を想起させる描写だ。
 「強い国と一体化したい、という人々の願望が大きくなっている。もはや日本はR帝国になっているのかもしれない」と、中村さんは懸念を隠さない。
 《「2017-09-15 「空気」が支配する島国 / 長編小説『R帝国』 

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

赤井都さん「そっと豆本、ふわっと活版6」(三省堂・神保町)

前号(6月発行)では、新作のレイアウトをしていました。今、8月、印刷まっただなかです。活版印刷と、パソコン
プリントと、ドライポイントの3種類を組み合わせる計画で、とにかく計画と自分を信じて、一枚ずつ刷るのみ。
部屋を広く使って、印刷紙を乾かしています。これを製本する段階のことまでは、今は心配できる余裕は
ありません。今の印刷のことだけ考えています。
結局、気持ちが入るとか、集中するとか、そんなことで
結果が変わる気がします。9時から5時までやったから結果が必ず出るような仕事のタイプではないのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■次のイベント予定
「そっと豆本、ふわっと活版6」
会 期 2017年9月26日(火)-10月2日(月)
会 場 三省堂書店 神保町本店 内 1階神保町いちのいち
Creator'sTABLE(シーズテーブル)
出展者 赤井都、Bird Design Letterpress 
協力:andantino、弘陽(三木弘志)
活版印刷ワークショップ、豆本ワークショップ同時開催
ご期待下さい!
この時に、新作豆本を持っていければと思っています。
小さな本の教室は9月2日と16日、一席ずつ空いています。この機会にぜひどうぞ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■言壺便りについて
最近、ふと気づいた「お化粧」ということ。全部断捨離してしまっていたので、新しいのを買いそろえたら、今のお化粧品の進化はすごくて、肌ストレスもなく、快適です。かわいくなるので、お化粧をするのが楽しいです。自分のために、自分で好きですることは楽しい。
製本の時は、万一の色移りを考えてしないですが、イベントの時なら構わないかなと考えるようになっています。
そして、エレガントなゴス服を手に入れました。バレエで、「ハイウエストから体を使う」ということを再三言われて、
コルセットに興味を持ったのがきっかけです。着たいと思える服に出会ったのも久しぶり。着て出かけるのが楽しみです。

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」映画化へ

  編集者で作家の末井昭(すえいあきら)さん(69)が、豊富な話題を振りまいている。五月には新作エッセー『結婚』(平凡社)、『末井昭のダイナマイト人生相談』(亜紀書房)の二冊を同時発売。三十代までの半生をつづった『素敵なダイナマイトスキャンダル』は来年春の映画公開が決まり、ちくま文庫から原作が復刊された。(東京新聞7月1日)
 編集者で末井昭氏を知らない人はいないであろう。30代までの自伝 「素敵なダイナマイトスキャンダル」は、--芸術は爆発だったりすることもあるがのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった」ではじまる。
 末井さんの母親は、昭氏の幼少期に、隣家の若い不倫相手とダイナマイト心中自殺したのである。ダイナマイトが身近にある環境と言えば炭鉱生活である。エロ本業界で猥褻出版で幾たびも警察に呼び出された。そんな雑誌のひとつ「写真時代」で、荒木経l惟氏を起用し、80年代にアラーキーの芸術が世に広まった。ただし、末井編集長のところには読者から、荒木の写真では、オナニーで抜けないーという苦情がきたという。たしかにエロいの種類が違うのである」。
 アラーキーが世に出始めると、エロ雑誌は不況になり、末井氏はパチンコ雑誌を編集してしていた。その後、は「自殺」を刊行しヒット。
■関連情報=作家と編集者の理想の関係
末井昭ブログ「結婚」
 こう紹介する自分は、マーケティング関連の雑誌の編集を手伝っていたが、ある人から、「あなたに似たような編集感覚のひとがいる」と、 「素敵なダイナマイトスキャンダル」を貸してくれた。そこで、知ったのでのである。「何かを表現するっていふうに性格がなって行ったのは、母親がいたからっていう感じがありますよね。内向的になったていうか」(前掲・東京新聞)とある。三つ子の魂ができる以降の母親喪失の影が感じられる。

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

東浩紀ゲンロンゼロ「観光客の哲学」橋爪大三郎・評

「観光客」とは何なのか。
 リベラリズムが退潮した。他者を対等な人間として扱おうという普遍主義のプログラムが、信頼を失った。代わりにコミュニタリアニズム(アメリカ・ファースト的ナショナリズム)とリバタリアニズム(グローバリズムでオッケー)がのさばっている。その両者が互いを強化しつつ並走している現代は、《二層構造の時代》なのだ。
 こうした流れに抗議する「マルチチュード」(多様な人びとの群れ)に希望はあるか。抗議だけなら、帝国の裏返しだ。それを「郵便的」なマルチチュード、つまり「観光客」に昇格させよう。著者の提案である。
 本書が繰り広げる議論は、オーソドックスで本格的だ。ルソーからヴォルテール、カント、ヘーゲル、シュミット、アレント、ジジェク、ノージック、ネグリへ、近代の主体のあり方が変容し、行き詰まり、息苦しい場所に追い込まれていく必然を精確に丁寧に描いていく。
 なぜ息苦しいのか。《自由だが孤独な誇りなき個人(動物)として生きるか、仲間はいて誇りもあるが結局は国家に仕える国民(人間)として生きるか、そのどちらかしか》ないから。若者がやみくもにテロリストになるのは、こういう場所だ。
 そんな絶望を超える可能性が「郵便」である。「郵便的」とは、《誤配すなわち配達の失敗や予期しないコミュニケーションの可能性を多く含む状態》のこと。観光客は、ビジネスの出張と違って、予期しないコミュニケーションに開かれている。《帝国の体制と国民国家の体制のあいだを往復し、私的な生の実感を私的なまま公的な政治につなげる存在》なのである。
 このように理路をたどる著者は、思想が育たぬこのポストモダンの時代に、真摯(しんし)に前向きに哲学者としての責任を果たそうとする。あくまでも倫理的なその姿勢は、涙が出るほどだ。欧米の思想家も誰ひとり試みていない、果敢な挑戦がここにある。
 第2部は「家族の哲学」。そこからドストエフスキー論を紹介する。
 ドストエフスキーは、父殺しを終生のテーマとする作家だ。テロに連座し死刑判決を受け、恩赦で救われた。そんな彼の作品の主人公は、社会主義者→地下室人→無関心病、と進化していく。『カラマアゾフの兄弟』では、スメルジャコフは地下室人、イワンは無関心病。社会主義者はいない。だが、未着手に終わったその続編では、少年コーリャが長じて、皇帝暗殺を試みるはずだったと、著者は(亀山郁夫氏の研究を手引きに)推測する。コーリャはアリョーシャに父をみる。だがアリョーシャは不能の父で、暗殺を止めもコーリャを救いもできない。それでも若いテロリストに、子に対するように接する。これこそいま必要な救済ではないのか。リベラリズム→コミュニタリアニズム・リバタリアニズム→観光客(誤配の空間)へ、の可能性がここにある。
 粗削りで強引な論かもしれない。だが本書には、切迫する時代に書かれざるをえなかった、説得力と熱量が具わっている。
《毎日新聞:『ゲンロン0 観光客の哲学』=東浩紀・著

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

村上春樹さん「翻訳は究極の熟読」

  「好きに書く小説と制約の多い翻訳、という相反するものをバランス良くやることで、心地良いリズムがつくれる」と翻訳の効用を力説。「物をつくる人間にとって怖いのは『井の中の蛙』になること。外に開かれた窓のような翻訳作業を大事にしたい」と語った。
 このほか自らの翻訳作品や新作小説「騎士団長殺し」の一節も朗読。翻訳家の柴田元幸さん(62)を迎えた対談では時折ユーモアを交えた語りで会場を魅了した。
《産経:村上春樹さん、翻訳について語るイベント「翻訳は究極の熟読」

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

真田左近 元公安刑事・自衛官の作家

 現代的な自衛隊や公安警察の体験者である作家の意見~公安は相変わらず共産党を調べるのが仕事らしい。主婦のパートでも雇った方が効率的なのでは。東京新聞・中日新聞(4月22日付け朝刊)《真田左近 元公安刑事・自衛官の作家》より。
-まず一般にはなじみのない公安警察とは何かについて教えてください。
 左翼や右翼の情報、スパイ・テロなど外国からの脅威、デモ取り締まりや要人警護をするセクションで、それぞれ公安、外事、警備と呼びます。戦前で言えば特高警察。全国の警察本部に警備部や公安部があって各警察本部ではなく警察庁の指揮下にあります。静岡は県警本部警備部に公安、警備、外事の三課があり、清水分庁舎に「裏公安」と呼ぶ協力者づくり専門の作業班がいて、獲得した協力者に定期的に接触します。裏公安は大きな署にもあります。
 -警備の仕事内容は?
 藤枝署警備課の担当は文書(庶務)と共産党、極左、特対(特殊組織犯罪対策)、外事、右翼、(警備)実施、災害対策に分かれていて、私は配属時は文書担当でした。共産党員など視察対象者の情報をまとめて本部に「逓送」する仕事です。視察というのは監視のことで内部では対象団体の構成員を「マル対」と呼び、逓送は警察内部の文書を警察車両を使って本部や警察署間でやりとりする部内郵便のことです。
 -担当はきちんと決まっているのですか。
 課長含めて五人の小さな組織ですから何でもやりました。監視する組織には番号があって一は共産党、二は右翼、三は外事、四は極左、七はカルトなど特対。番号の割り振りは時々入れ替わります。マスコミと接触するなど不穏な動きのある警察官がいれば二十四時間監視もやります。
 -最も重視されるのは?
 監視組織の協力者獲得です。かつてはマル対にもAからFまでの六段階と最後にZがプラスされて七段階の格付けがありました。共産党で言えばAが国会議員や中央委員、Bは県委員など、Cは一般党員。A~Cは党員ですから「M」と呼びます。メンバーのMですね。DからFはシンパで、ランクはその度合い。Zは活動休止状態や脱党、除名された党員です。藤枝署管内だけでも左翼右翼計千人以上の視察対象者がいるので、活発に動いていて将来性のある人に絞って作業をかけます。二十歳前後の出世しそうな人につばをつけたいですね。

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

綾辻行人さん「新本格派」ミステリーで30年。50代のうちに…

  第一世代としてブームを先導したのは、60年前後に生まれた作家たち。綾辻さんは「リアルタイムで書かれていた日本のミステリーに、物足りなさを感じていたという共通体験がある」と振り返る。当時は社会派推理小説の全盛時代で、本格ミステリーは少数派だった。「絵空事としての探偵小説は程度が高くないという空気の中で、トリックや驚きに奉仕するミステリーもあっていいと思う人が書き手に回った」
 新本格の作品群は、一部のファンから批判を浴びながらも、多くの読者を獲得していく。92年には綾辻さんが「館」シリーズの『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞を受賞。94年には京極夏彦さんが持ち込み原稿から『姑獲鳥うぶめの夏』でデビューを飾ると、講談社が95年に募集を開始した「メフィスト賞」は、第1回受賞者の森博嗣さんをはじめ、多くの作家を生んでいく。第二世代の作家の活躍で流れは確固たるものになった。
 その後も「新本格」はホラーやSF、ライトノベルなどとのジャンルミックスを繰り返し、ミステリーの世界を広げてきた。「魅力的な謎がロジックによって解き明かされ、サプライズがある。その形は普遍的に面白いし、他の文芸ジャンルにも取り込まれている。書き手も多様で、30年前より楽しい状況だと思います」
「館」シリーズ最終作に意欲
 デビュー30年の節目に刊行した『人間じゃない』(講談社)は、都市伝説をテーマにした「赤いマント」や、ホラー色の濃い表題作など単行本未収録の5編を集めた作品集だ。1993年から2016年まで時期は様々だが、「芯は通っている」と語る。
 印象深いのは、06年に宇山さんの急逝を受けて書かれた中編「洗礼」だ。「すごく喪失感が大きくて、ミステリーが書けなくなってしまうのではという気持ちがあった。何とかここで踏ん張らなければいけないと思った」。犯人当てゲームをテーマとした作品には、自らを見いだした恩人への追悼の思いがにじむ。
 本格ミステリーと幻想小説やホラーを車の両輪のように書き続けてきたが、近年は『Another』(角川文庫)などホラーや怪談が増えつつある。一方で、全10作と構想した「館」シリーズについても、最後の1作の刊行に意欲を燃やしている。
 「年を取ると“本格”は難しいので、50代のうちには、という気はしています」
The Yomiuri Shimbun3月27日「ミステリー」開拓した30年…綾辻行人さん

| | コメント (0)

より以前の記事一覧