2017年10月20日 (金)

我が同人雑誌の遍歴体験苦節10年=外狩雅巳

 10月15日の通信に文芸同人誌『砂』の現状が掲載されている。
 高齢化で文芸同人誌の継続には多くの苦労が伴います。思い当たることも多いので私の見聞や経験を述べます。
 先ず私の三度の同人誌運営経験から幾つか述べます。
 最初は三十歳。夜間『中央労働学院』通学時でした。文芸科の男女4人でサークル誌『未知』を結成しました。年長なので代表になり、年五回の発行をつづけました。一人で百ページ弱。十万円弱の費用を負担しました。
 三百部発行一部二百円での買取、回収では赤字です。月間『未知通信』も発行して個人負担が大変でした。千部販売を目標に頑張りましたが無理でした。
 集会で平等負担を呼び掛けたら拒否されました。誰が金を払っているんだと捨て台詞で解散しました。
 『あなた、悲哀,愛と、書いてしまうと、あとは、何も書くことの無くなってしまう僕の詩』という表紙文字です。新聞『赤旗』同人誌評にも取り上げられ有頂天でした。
 トラウマになり以後二十年は仕事人間になりました。
--それは昭和60年の春でした。新聞募集での同人誌に加入するべく説明会
に出席したのが始まりでした。---
 これが人生後半の同人誌体験です。上記は同人誌『慧』鵺号の編集後記の冒頭文です。
 42歳で加入した同人誌で二代目代表になりました。会費制の会で掲載費も著者負担として活動中の会でした。相模原に移住後も池袋の月例会に出かけて継続しました。
 新聞の募集欄にも投稿して会員拡大に努めました。新日本文学会・文学学校教師の登芳久氏も加入しました。
 合評会を先導してくれ学びの場として盛会が続きました。さらに、定年後の為相模原市で同人誌発足を行いました。図書館の紹介で知り合った長澤勝男氏と協議しました。
 彼が会長で私が事務局で公民館に募集ビラを貼りました。十人ほどの加入者で『相模文芸』創刊号を創りました。
 市役所・公民館・地方新聞等の応援もありました。会員には後に会長等を務め現在も活躍中の人達がいます。編集・会計・正副会長・事務局の組織運営体制です。集団運営が現在に続く盛況の秘訣でしょう。
《参照:外狩雅巳のひろば

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

文芸同人誌評 「週刊読書人」(2017年10月6日)白川正芳氏

  「北斗」10月号の「清水信追悼号」より清水信「(文芸時評)汚れたる指にて」(田中英光論)と「なぜと問うなかれ-少し長い「私のいる風景」」・尾形明子「いつの日にか書くはずの清水信論のための備忘録」、寺町良夫「同人誌の神様は逝った」(「美濃文学」96号、談話室)、「吉村昭研究」39号より桑原文明「吉村昭論39 法意識」他
山田美枝子「許されざる者」(「まくた」292号)、創作「北村くにこ特集」(「人間像」187号)、東喜啓「たんぽぽ」(「民主文学」10月号)、武田純子「マイ・ホーム」(「安芸文学」86号)、秋亜綺羅「エッセイ 1200字のひとりごと」(季刊「ココア共和国」21号)、とうやまりょうこ「ヒア、ボトム」(「孤帆」28号)、涸沢純平著『遅れ時計の詩人』(「編集工房ノア」刊)
文芸同人誌案内掲示板:ひわき さんまとめ)

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

西日本文学展望「西日本新聞」9月29日/朝刊/茶園梨加氏

題「一皿の料理」
園田明男さん「星の故郷」(第7期「九州文学」39号、福岡県中間市)、水木怜さん「捨て猫はカウベルを鳴らして」(「照葉樹二期」12号、福岡市)
瀬戸ゆうみさん「「ch」の言い分」(「風響樹」49号、山口市)、立石富生さん「ジグソーパズル(前編)」(「火山地帯」191号、鹿児島県鹿屋市)久賀逸子さん「思い出に変えられた時」(「航跡」60号、大分市)
(
文芸同人誌案内掲示板:ひわき さんまとめ)

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

文芸同人誌評「週刊読書人」(9月1日)=白川正芳氏

若杉妙「私の岩下俊作像」(「海峡派」138号)、「VIKING」800号記念雑記特集(○○に目覚める頃)より桑原昭「サイレンに目覚める頃」・大西政子「北川荘平さんのこと」・永井達夫「VIKINGに目覚めた頃」、「全作家」106号より河村直希「ウイスキーを飲むことで人は癒やされる」・粕谷幸子「あの頃、わたしは…」、「日曜作家」19号より梅鉢明英「卑弥呼ノート」
坪内稔典「俳句は遺産ではない」(「抒情文芸」163号)、正見巌「わがスキー暦回顧(「北陸文学」81号)
詩作品で日和田真理「僕は目を覚ましたんだ」(「舟」168号)、稲沢潤子「生きる」(「民主文学」9月号)、島田勢津子「美容室グロッタ」(「黄色い潜水艦」66号)
文芸同人誌案内掲示板:ひわき さんまとめ)

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

町田文芸交流会の運営の実情を知る

  町田文芸交流会の運営のをしている外狩雅巳氏が、その動機を記している。《参照:町田文芸交流会の参加者作品希望の合評実施》こういう心理は、だれでももっているが、その運営を実行する人はなかなないない。じぶんなどは、設定された場しか出ない無精者なので、ありがたい人だ。
 その基本は、人が集まっても個人が埋没しないようにしたい、ということだ。自分は、人を集めずに、立て看板のように、自分の見解をだすだけだ。人間の存在とは、やっかいなもので、サルトルは「実存は目的に先行する」と書いた。人間は、道具ではない。目的をもって造られた存在でない。今は、そうとは限らないが、人が知恵をもつと自分探しをする。もともと、自分が存在することに困って、目的を持とうとするわけである。そして、書くことが生きることだなどという答えを見つける幸せ者もいるということだ。
 野球やゲートボールやサッカーも遊びの範囲ならば、個人が埋没することがない。誰にでも、出番があることが多い。

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

西日本文学展望「西日本新聞」2017年8月31・朝刊・茶園梨加氏

題「記憶を描く」
鳥海美幸さん「窪(くぼ)み」(「龍舌蘭」193号、宮崎市)、廣橋英子さん「ブルーベルベット」(「季刊午前」55号、福岡市)
浦川キヨ子さん「きのこ雲」(「西九州文学」39号、長崎市)、志田昌教さん「墓穴遠洞」(「長崎文学」85号、長崎市)、岡林稔さん「『龍舌蘭』の旧作を読む(四)」(「龍舌蘭」193号、宮崎市)、杉山武子さん「『女と刀』のアウラ」(「小説春秋」28号、鹿児島市)
文芸同人誌案内掲示板:ひわき さんまとめ)

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

同人雑誌の紹介の方法としての展示会=外狩雅巳

  私の所属する「相模文芸クラブ」は、4月現在で32名の会員で、創刊17年目の活動を行っています。
  月に二回の合評会では20名前後の出席者で、二作品程度を全員発言で徹底討論しています。
  半年ごとの発行なので毎号十回程の時間をかけ、ほぼ全作品を網羅した感想を出し合うのです。
  作品掲載者は全員に読まれ感想ももらえるので満足し外部からの評価を気にしていないようです。
  文芸同志会通信や文芸誌での作品評を積極的に求める事もなく、会内部だけで完結して来ました。
  文芸同志会通信などの同人雑誌作品評は一つの雑誌から数編を選び切り込んだ評価を行います。
  大多数の作品には一言も触れられません。作者は自分の作品が読まれているのかもわかりません。
  文芸同人会は全員平等な組織です。外部から注目された作者のみの会ではないのです。
  外部評の無い大多数の会員が納得する同人雑誌紹介もあって良いと思います。
  そこで思いついたのが同人雑誌展示会なのです。多数の同人雑誌を一堂に並べてみました。
  少人数の文芸同人会でも多数の人に読まれる機会が出来ると思いました。
  会員が納得して加入活動できる同人会の為にも紹介方法にも工夫が必要でしょう。
  同人誌作品文芸評論家の紹介から外れた多数の同人誌作家作品の存在を考えています。
《参照:外狩雅巳のひろば

| | コメント (3)

2017年8月10日 (木)

同人誌評「図書新聞」(2017年8月12日)評者=越田秀男

 ・『春の電車』(山名恭子/長良文学・21)は、新美南吉の同名の詩から採った。主人公は夫の七回忌を済ましてようやく遺品の整理に気を向けるほど、夫への想いを残している。春の電車に乗って夫は誰に会いにいったのか、夫の遠い過去に嫉妬するのも面白い。男より長生きの女は夫の死で開放感ばかりに漬っているわけではない?
 ・ 『ボッコの行方』(丸山修身/文芸復興・34)のボッコはポンコツ自転車の愛称・蔑称。最期まで乗りつぶしてハラ立てて不法投棄、すると車に轢かれて無残。主人公に重苦しい過去が蘇る。母の最期に対して自分がとった不甲斐ない態度、さらに愛していた飼い猫の無残な最期。罪責感と悲しみの三重奏。
 ・『水谷伸吉の日常』(国府正昭/海・95)は市井の臣の強調。妻に先立たれた70過ぎの理容店主の日常が主声部だが、伴奏の、伸吉と鳥達とのやりとりが、それ自体小さな物語にも――梅の枝に刺した蜜柑……期待したメジロがやってきた。今度は梅の木の下に飯粒やらパン屑を、雀がチュンチュン。シジュウカラなんて来ないか、と撒き餌を購入、試すとキジバト、追い払う。ラストシーン、メジロ用蜜柑が食いちぎられて落ちている。ボサボサ頭のヒヨドリがふてぶてしく……。
 ・『あなぐま』(宇江敏勝/VIKING・799)は村人に“棲み分け”の心がある世界だ。あなぐまは、その村では“つちかい”と呼ばれ、女に化けて男を誑かす。山・里双方にこえてはならない規律がある。作者は衰微しやがて廃れるだろう寒村を、あるがままに描き、読み手に安らぎやその半面の切なさを届ける。
  ・『半家族』(湖海かおる/異土・19)の“半”とは? アラウンド50の主人公、その家族は夫と娘と主人公より六つ年下の実妹の四人。妹は精神障害をかかえ自立できていない。娘も成人しているものの発達障害。そんな折、夫が脊椎性筋無力症で入院。その間隙を縫って、懸案の妹の障害者年金受給申請、受給率ワーストワンの地域での奮闘。一生懸命な主人公に家族も少しずつ感応していく。で、“半”はどこ?
  ・『「ワイ」を殺す』(下川内遙/佐賀文学・34)はあり得ない。いや、昭和初期までなら……。「ワイ」は路上生活の女で自分の名さえ知らない。自分をワイと呼ぶのでワイに。この小説はワイを殺した容疑で逮捕された男の供述で通している。勝負は日常ではあり得なくても虚構の世界で然もありなんと思わせるかどうかであり、その点合格。一億総背番号の世、「ワイ」は現代に対する反語か。
  ・『分離する人』(磯貝治良/架橋・33)の“その人”。作者と同年齢ぐらいって60安保世代? なのに、2~3㌔のウォーキングコースをシャドーボクシング。酒を酌み交わしても思想信条など語ったことなし。突然姿を消す。どこだかの箱に留置されていた。そしてまた消息を絶ち、お終いでは寂しいので、と沖縄基地闘争に“その人”を配してみた。するとこの付録部分が一番劇的に。分離する人は“その人”なのか作者自身なのか。
  ・『フィクションの可能性』(片山恭一/季刊午前・55)。2000年にわたり人々を酔わせた『聖書』という物語、自由・平等・友愛といった虚構が綻びてきたとき、頼りとなる虚構はもはやマネーしかない?――「貨幣よりももっと人を惹きつける、魅力的なフィクションを作ればよい」「この行き詰まった世界は、広々としたところへ出て行くことができる」。
(「風の森」同人)
《参照:タイトルに込められた“想い”の競演――行き詰まった世界を超えていく新たなフィクションを(片山恭一) 》

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

文芸交流会の「文芸同人誌展示会」の意義について

  外狩雅巳事務局長の骨折りで、「文芸同人誌展示会」が実現した。その後の活動をしることができる。《参照;自由な表現の場をつくる文芸交流会の精神=外狩雅巳
 まだまだ、経済関係者などに文学とか、文芸同人誌をやっていると、大丈夫か? とか言われる。ちょっと変わり者の世界と世間では思われているようだ。だから、同人誌仲間で集まることに意義があるのかも知れない。
 このサイトも変わり者の世界を世間にさらしているのだが、リアルに現物を見てもらおうというイベントができたのは今年の収穫である。読者の少ない同人誌の強みは、独自情報が無差別的に盛り込めるということであろう。それは言論の自由の場があるということだ。

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

西日本文学展望「西日本新聞」2017年7月29日(土)朝刊=茶園梨加氏

題「死者との対話」
田島安江さん「紫の花に」(「季刊午前」55号、福岡市)、森美樹子さん「長い約束」(「九州文学」第7期38号、福岡県中間市)
佐野ツネ子さん「葉子に託されたもの」(一)」(「雑草(あらくさ)21号、福岡県筑後市)、はたたつこさん「点と線と線」(「風」19号、同県筑紫野市)、宮川行志さん「風説幕末石工秘聞「木石にあらず」」(「詩と眞實」817号、熊本市)、いいだすすむさん「黄昏(たそがれ)時」(「飃」105号、山口県宇部市)
文芸同人誌案内掲示板:ひわき さんまとめ)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧