2018年4月20日 (金)

「砂」に読む2017「文学フリマ東京」出店録の余話(2)   北一郎

          ☆
 この文学フリーマーケットの発祥は、文芸雑誌「群像」に、マンガ原作者であり、社会的文化評論家である大塚英志氏が、大手出版社の純文学雑誌(「群像」、「文学界」、「新潮」など)の発行が、赤字となっており、出版社のまんが本による利益を食いつぶしているーーという趣旨の評論「不良債権としての文学」を発表した。
 そこには純文学作品が出版社の赤字のお荷物になると、やがて発表の場が消滅するか、純文学の質的な純粋性が失われるかもしれない。そうした危機感から、大塚氏は書き手自らが読者に作品を売るフリーマーケットを開催しようと、呼びかけたのです。
 その前年に、文芸同志会を一人で設立していた伊藤昭一が、文芸界の情報を集めるキューレーション新聞、「文芸研究月報」を発行していたので、その情報を得た。
 そこで、大塚氏に参加したいという手紙を書いた。すると、本来はもっと参加者が多いと思っていたが、予定の半数であるが、開催をしたいので、支援してほしいという返事が来た。そこで、大塚氏からチラシ(フライヤー)をもらい、文芸研究月報の読者である文芸同人誌に、それを配布し、参加を呼び掛けた。
 そのことによって、「群像」の読者で、マンガやライトノベルを中心とした大塚イズム賛同者のグループに、伝統的な文芸同人誌が多く参加する結果になったのである。しかし、いざ参加してしまえば、どこからそうした情報を 得たということは、忘れられる。運営者が代替わりしたらなおさらです。
伊藤は、ちょうど「特選小説」という雑誌の編集部に創作を売り込んだところ、純文学的な官能表現部分を一部誇張して掲載された。(伊藤の記憶では、同誌にはかつて菊村到や勝目梓などの作家が書いていた。それが官
能小説中心になっていたのである)。
その後、それに女性の読者から本作が官能小説ではない文学性があるという投稿があった。編集長は官能小説雑誌を主婦が丁寧に読んでいることに注目。次作の注文を出し、伊藤鶴樹という筆名で、ロマンポルノの小説復活させる新人作家として、表紙にうたって作家デビューした時期でもあった。そこで、プロもアマも同時の文学市場で、作品を売るというのは、大変都合が良かったのである。
第1回文学フリマの参加では、「砂」の会員も沢山いて、作品展示者も多かった。なかには作品を文芸春秋社の新人発掘担当者に読んでもらった人もいた。終わった時には、渋谷の飲食店で打ち上げ会を実施した。
反省会でも、文学賞受賞に近い位置にいる新人作家の出店もあって「なかなか華やかだった」ということが話合われ、盛り上がった。その人たちのメンバーで、現在も会員でいるのは山川豊太郎氏と江素瑛氏と北一郎である。
ただし、「砂」誌と文芸同志会の連携による文学フリマ参加活動は継続されてきた。 (つづく)
本稿は雑誌「砂」136号に掲載のーー「砂」の会と文芸同志会が2017文学フリマ東京に出店(北 一郎)-を連載形式で分載するものです。《参照:雑誌「砂」のひろば
文芸同志会の出店風景

| | コメント (0)

2018年4月17日 (火)

「砂」に読む2017「文学フリマ東京」出店録の余話(1)   北一郎

  文学作品のフリーマーケット即売会の第「二十五回文学フリマ」が東京・平和島の東京流通センターで開催され、そこに文芸同人「砂」の会と文芸同志会(伊藤昭一代表)が出店し、発行作品を販売した。「砂」と文芸同志会は、第一回の開催から協力参加しているもの。
  展示販売作品は、文芸同人誌「砂」と、山川豊太郎の漫画研究評論の冊子「志村貴子『放浪息子』」(文芸同志会発行・三百円)、「成人男子のための『赤毛のアン』入門」(同)。
  伊藤昭一の著作物の「なぜ「文学」は人生に役立つのか」(五百円・文芸同志会発行)の1部編、Ⅱ部編。「野上弥生子の文学とその周辺」(伊藤誠二編著・草場書房発行)(本体・千円+税)、本書は、野上弥生子の想い出とその文学について語った随想集。伊藤昭一、浜賀知彦、野上燿三、伊藤誠二、岡田すみれこ、石塚秀雄、日野多香子、山下博などが、執筆している研究書である。
  これらには、かつて「砂」誌に掲載したものに加筆したものが大部分である。とくに、山川豊太郎と北一郎の共同作品集「カフカもどき」と伊藤昭一が菊池寛の「作家凡庸主義」という論をもとに、文学創作のカラオケ現象と、現代文学を比較した評論冊子などはそうである。売れ行きは上々で、幾つかの本は売り切れた。
 今回のイベントでついて、販売カタログで、主催の望月倫彦・文学フリマ事務局代表が巻頭言を下記のように記している。
【望月倫彦代表のカタログ巻頭言】
 「第1回文学フリマ」は2002年11月3日、青山ブックセンター本店に併設のカルチャーサロン青山というスペースで開催されました。そのときの出店者の数はおよそ80。その「第一回文学フリマ」会場で、ひとりの出店者として自作の本を携えてブースに座っていた私は、「文学というも名のもとに、こんなに大勢の人が集まるものなのか」と密かに感動を覚えていました。
 それから十五年が経ちました。本日の出店者数はおよそ800。第一回目のちょうど10倍です。ただの「文学フリマ」は、「文学フリマ東京」になりました。なぜなら、全国各地で開催されようになったからです。
 もし、文学フリマがこれだけの規模になると最初から教えられていたら、自分は代表なんて引きうけなかったかも知れません。でも、一五年前にそれを予想していた人は誰一人としていいませんし、そう教えられたとしても自分は信じなかったでしょう。今日の文学フリマは、第一回目の頃には想像もしなかったような地点に立っています。
 今回のカタログでは文学フリマ十五周年記念の企画として、コミテティア実行委員会代表の中村公彦さんに対談をお願いしました。「COMITIAI22」と「第二十五回文学フリマ」が同日開催となった今回、このような企画を快くお引き受けいただいた中村さんにあらためて感謝申し上げます。中村さんとの対談はとても刺激的な体験でした。
 十五周年で過去最多の出店数と言いつる、いつも変わらない文学フリマです。今日ここに集まった作品を、各々で楽しんでいただければそれだけで幸せです。
2017年11月23日
   文学フリマ事務局長 望月倫彦
                             (つづく)
本稿は雑誌「砂」136号に掲載のーー「砂」の会と文芸同志会が2017文学フリマ東京に出店(北 一郎)-を連載形式で分載するものです。《参照:雑誌「砂」のひろば
文芸同志会の出店風景

| | コメント (0)

2018年3月29日 (木)

文芸交流会の3月例会報告!雑誌の編集権で議論=外狩雅巳

  文芸交流会の3月例会を町田公民館にて開催しました。6グループから6名が参加しました。
  民主文学町田支部の佐久さん。みなせ文芸の会から岡森さん。文芸同志会の伊藤さん。秦野文学同人会の小野さん。はがき通信を発行している朱鳥さん。相模文芸クラブの外狩が集まりました。
  今回はみなせ77号を巡る討論です。編集長の岡森さんは本名とペンネームの両方で掲載しています。年四回発行を支えるそのエネルギッシュな活動や安価な製作費等も話題になりました。今号も144頁の同人雑誌らしいボリウムで発行されています。12件の社会ニュースを一つのキーワードで結んだ「オブジェクション157」という作品を巡り大いに議論され、作者も加わり作品と編集者の権利方針について、徹底追及となり交流会らしい時間がもてました。
 次回は四月22日です。伊藤さんが同人雑誌「」136号に作品を掲載しましたので行う予定です。
 朱鳥さんのはがき通信も持参配布してくれましたので、朗読の上で感想を出し合いました。次回もはがきの詩朗読がある事を期待しています。
 さらに、「みなせ」78号も近日発行予定なので五月会合での討論が出来そうです。「相模文芸」36号も六月発行が決まりました。夏から秋にかけての交流会での作品討議が盛り上がる事を期待しています。
《参照:外狩雅巳のひろば

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

「砂」136号と提携でやったこと

  当会は、自らの発表の場を持たないできた、それは、当会で文芸同人誌を自己表現の場とするならば、(事例として、他者が興味をもたないことでも、自分だけが興味あることを書く場合)金を出して印刷する前に、お互いにその価値があるか、コピーで読んで検討しようーー。という趣旨で、もし、そこで良いとなったら、出版社に売り込むか、文学フリマのように、普通人に売り込むために個人で本にしょうということで、やってきた。作家の穂高健一氏も、そのメンバーであったので、私が話題にしているわけである。
 ところが、昔から縁があって名ばかり会員だった「砂」誌から会員数がへって、長い原稿が出ないので活動休止の話がでた。そこから、続けて欲しい、という会員もいて、原稿不足の分を文芸同志会が提携することになった。
 そこで、トキワ精機の小林洋一社長への取材原稿があった。それは、長すぎるために、雑誌に持ち込んでも、掲載に不向きといわれていたもので「町工場スピリット・クロニクル」という。《参照:街中ジャーナリズムとメディア活動=伊藤昭一》。
  モノづくり企業を経営しながら、しかも中国に負けないコスト安、高性能の製品を作っている小林社長には、来客を待たせてしまうくらい長時間話してくれた。モノづくりの正義はどこにあるか、というテーマで、だれもあまり考えない理論だが、その発表ができない。一部をブログにしただけだ。申し訳ないとおもっていた。ちょうど「砂」なら自費でなら長く書いてもよい。さらに裏付けとなる資料の詳細も書くことが出来た。
 これを読んだ、小林社長は、納得したらしく、「まだ、話の続きがるから、また会社にきなさいよ」と言ってくれた。
  要するに、書いた人しか読まない「砂」を社会人の一人が必ず読む雑誌にしたのだ。次号の町工場は、(有)安久工機の社長で、医療工学博士である。町工場スピりットで、紹介記事を書きたいといったら、承諾してもらい、最新情報をもくれた。この会社は、横須賀にある国立研究所や霞が関の文科省にも関係があるので、発行されたら読むことになるだろう。間違えたら、大変であるが、緊張感をもって書くことで、読者が増えている。部数が少ないないのが、弱点だが……。もともと、自分の貧弱な頭で考えて創作しても、意外性や面白さで、事実にかなわない。文学の外に出る文芸誌になることを目標にしている。

| | コメント (0)

2018年3月19日 (月)

同人誌評「図書新聞」(2018年3月3日)評者・越田秀男氏

  『『グレコ』でグッバイ』(森美樹子/九州文學40号)は、半世紀近く前の男二人女三人の重層的な三角関係ドラマ。当時この渦中にいて、なぜかこれまで直接の面識がなかった男女が、時を経て、関係図絵の不明だった部分をメールで交換しあう。結末は関係の糸が一つずつ切れていき、最後の糸、カフェ「グレコ」のオーナー夫人が彼を看取る。鋭く研ぎ澄まされた才は減衰し、母胎へと回帰していく様が、半世紀後の老人男女の衰えにコラボする。
 曾禰好忠の「由良のとを わたる舟人 かぢをたえ ゆくへもしらぬ 恋の道かな」の歌に導かれた三角関係ドラマが『ゆくへも知らぬ…』(岸本静江/槇40号)。舞台はフランス、日本絵画界のドンを巻き込む源氏物語絵巻の絢爛豪華な仕立て、その結末は「ゆくへもしらぬ」。ただ、好忠の歌の序詞だが、潮の流れの激しい河口で櫂を失って沖に流され、歌どころではない! 海上保安庁救難隊出動!
 『擬似的症候群』(小河原範夫/ガランス25号)。ギリギリ生活の母子家庭に性欲満足のため乗り込み結婚の約束も反故に。ん十年後、男は準ゼネコン常務執行役員まで上り詰め定年を迎える。人生、斜に構えてかわしながら生きてきた男が、突如正眼の構えでオカルトオカマと対決、みごと土俵下転落?
 『青と黒と焦げ茶色の絵』(杉本雅史/風土17号)。息子を事故で亡くし、その妻が孫をつれて実家へ。残された夫婦に溝、妻が痴呆症状を発し入院。そんな時、パチキチで借金地獄の夫から逃げ出してきた母娘と昵懇になる……。
   『夜の客』(工藤勢律子/民主文学628号)。作品は“創る”から“写実”へ。重苦しくなりがちな認知症介護のテーマを優しく包む――『夜の客とは、認知症の母が夜飛び起きて誰か来たと思って玄関に行くことを繰り返す行為のことだ。それがやがて、かつて帰りの遅い娘を心配しての母の姿であったことに気づく。
  『火傷と筮竹』(たにみずき/蒼空22号)。“書く”から“語る”へ―孫娘が頭皮を火傷し、婆は自分の不注意と自責し頭髪が生えてこないのではと心配する。これだけの材料で心に染みる作品となるのは、語りの術といえる。
 この“語り”について、西田勝は太宰の『魚服記』を評するなかで《あらゆる「言語」による表現は「音」による》とまで言う(『言語アートとしての太宰治のかたり』/静岡近代文学32号)。作品を読み解くのではなく、音を聴くことで別世界が現れることを、読むと聴くの解釈の違いを突き合わせながら説得力をもって示している。
 文藝“別人”誌『扉のない鍵』(編集人‥江田浩司)創刊。《自由な創作と発想の場として、多彩な表現の横断や越境》を目指す。「一枚のおおきな扉は おお空に吊され 身じろぎもせず 時に微風にたじろぐ……」(『蛭化』生野毅) (「風の森」同人
《参照:評者◆越田秀男ー読み解くよりも「音」を聴け(西田勝)――文藝“別人”誌『扉のない鍵』創刊、多彩な表現の横断や越境めざす

| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

「文学フリマ」の名称を意匠登録など望月代表が語る

  文学作品のフリーマーケット「文学フリマ」は、全国各地での開催され国内最大の文学フリーマーケットの拡大をしているが、その歴史とこれからを語る、「文学フリマとは?文学フリマのこれまでと、これから。」のトークショーでが、国分寺の胡桃堂カフェで開催された。《参照:望月「文学フリマ」事務局代表とトーク=影山「クルミド」代表
そこで、望月「文学フリマ」事務局代表は、これを全国展開する過程で、「文学フリマ」のポリシーをブランドとして維持するため「文学フリマ」の意匠登録などを申請していることを明らかにした。

| | コメント (0)

2018年2月19日 (月)

同人誌評「図書新聞」(2018年2月3日)評者・志村有弘氏

中野雅丈の「岸和田合戦顛末記」(樹林第634号)が、豊臣秀吉に仕えた岸和田城主中村孫平次一氏と紀州勢との戦いを描く。重厚な文体で展開する、読ませる力作。
 牧山雪華の「片恋――岡っ引女房捕物帖」(あるかいど第63号)は、薬種問屋の清兵衛とその浮気相手の女が死んでいた真相を岡っ引橋蔵の女房千鶴が謎解きをしてゆく。捜査コンビの行動が心地好い。
 山下ともの時代小説「貧乏長屋の幽霊」(文芸百舌第2号)は、心温まる掌篇小説。
 三嶋幸子の「遺体ホテル」(八月の群れ第65号)が、今と未来を考えさせられる作品。
 山田英樹の「エンゲルとグレーテル」(大衆文芸第76巻第1号)の主要な登場人物は、小学四年の達樹と五歳の早苗と母の良枝。場面の展開など、よく構想を練った作品。
 牧子嘉丸の「孤影――旅の日の芥川龍之介」(トルソー第2号)は、視点が拡散している印象もあるが、作者の鋭敏な神経を感じさせる佳作。
 「文芸復興」第135号が創刊七十五周年記念号。寄稿文や同誌の歴史を示す一九四三年時の編集後記を掲載し、宮澤建義編集長は七十五年間「自己表出の場を提供し続けている」、堀江朋子代表は戦時下の「文芸復興」同人は「時代に対する抵抗精神と自らの人間性を杖として、生き抜いたのだ」と述べる。「吉村昭研究」が40号を重ねた。主宰者の桑原文明をはじめとして弛まぬ不断の努力に敬意を表したい。
  「babel」が創刊された。同人諸氏のご健筆・ご発展をお祈りしたい。
 「季刊作家」第90号が松本敏彦、「潮流詩派」第251号が原子朗、「綱手」第352号が長崎豊子、「八月の群れ」第65号が竹内和夫、「文芸シャトル」第88号が三宅千代、「別冊關學文藝」第55号が多治川二郎の追悼号。衷心よりご冥福をお祈りしたい。
(相模女子大学名誉教授)
《参照:岸和田の合戦を綴る中野雅丈の歴史小説(「樹林」)――岡っ引夫婦の謎解きを描く牧山雪華の時代小説(「あるかいど」)、現代小説の力作・佳作

| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

西日本文学展望「西日本新聞2018年1月31日/朝刊」茶園梨加氏

題「豊かさとは」
志田昌教さん「炭住の赤い靴」(「長崎文学」86号、長崎市)、武村淳さん「母と歩けば冥土の道」(「詩と眞實」823号、熊本市)
有森信二さん「家畜化計画」(「海」第二期第19号、福岡市)、「火の鳥」(27号、鹿児島市)は吉井和子さん追悼特集
本欄はしばらく休載となり、6月再開予定だそうです。その間も同人誌は文化部宛に送ってください、とのこと。
文芸同人誌案内掲示板:ひわき さんまとめ)

| | コメント (0)

2018年1月 5日 (金)

同人誌季評「季刊文科」73号(2017年12月31日)谷村順一氏

何を描くか
≪対象作品≫大新健一郎「越境地帯」(「白鴉」30号・尼崎市)/蒔田あお「フェイス・トゥ・フェイス」(同)/田中さるまる「98と301について」(官能小説のアンソロジー「夜咲う花たち」第2号・神戸市)/内藤万博「同志よ、聞こえるか?」(同)/高原あふち「半径二〇三メートル僕イズム」(「あるかいど」62号・大阪市)/錺雅代「無かったこと」(「半月」第7号・山口県)/小石珠「月の行方」(「P.be」4号・愛知県)/佐々木国広「ブルー メモランダム」(「たまゆら」第108号・滋賀県)/とかしま泰「年度の家」(「あべの文学」第25号・神戸市)。

| | コメント (0)

2018年1月 3日 (水)

西日本文学展望 「西日本新聞」2017年12月28日/朝刊=茶園梨加氏

題「温泉街」
野沢薫子「夏の去りぎわに」(第7期「九州文学」40号、福岡県中間市)、紫垣功さん「さらばだ、蓮五郎一座!」(「詩と眞實」822号、熊本市)
「ら・めえる」(75号、長崎市)、「あかね」(108号、鹿児島市)、椎窓猛さん発行「村」(10号、福岡県八女市矢部村)、豆塚エリさん『ネイルエナメル』(こんぺき出版)、水木怜さん『順平記 看板猫ノスタルジー』(花書院、文庫本シリーズ)、「文芸同人誌情報誌 文芸ごきんじょ 2017(さきがけ文学会、馬場陽子さん)
文芸同人誌案内掲示板:ひわき さんまとめ)


| | コメント (0)

より以前の記事一覧