2020年3月27日 (金)

「第三十回文学フリマ東京」(2020/5/6予定)が中止に

  事務局によると、2020/5/6(水) に開催を予定していた「第三十回文学フリマ東京」(文芸同志会出店申し込み済)は、【中止】することになった。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の国内での拡大状況・行政の発表等を鑑みての判断という。すでに11月22日(日)「第三十一回文学フリマ東京」の開催が決定しており、今後も各地で文学フリマの開催が予定されていることから、「第三十回」東京開催は延期や振替ではなく中止と決定。
 国のコロナ対策やオリンピック開催延期などと一線を画し、「中止」としたのは、戦力逐次投入の愚を避けて賢い判断である。《参照:貧困の日本民主主義=戦力逐次投入の新型コロナウィルス》。なお、文芸同志会では、フリーマーケットでは、会の発行本を特別に値引きして販売してきたが、今回の決定を受けて、郵送販売を多少値引きして販売する計画を考えている。《参照:文芸同志会のひろば》。

 文学フリマ事務局=「第三十回文学フリマ東京」中止判断の理由

  事務局では国内で新型コロナウイルス感染症が問題となりはじめた2月より、政府や関係機関から公知されている一次情報を収集し、文学フリマの開催に関する検討を行なってきました。3/19の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の「状況分析・提言」では、新規感染者数が都市部を中心に漸増していることが警告されています。新型コロナウイルスの感染対策については「密閉空間・密集場所・密接場面」の3要件の回避が肝要であるとされているものの、全国的な大規模イベント開催については、「大規模イベント等を通して集団感染が起こると全国的な感染
拡大に繋がると懸念され」るともしています。提言ではさまざまな対策案や具体例も示されており、「リスクへの対応が整わない場合は、中止又は延期をしていただく必要がある」としていますが、さらに「仮にこうした対策を行えていた場合でも、その時点での流行状況に合わせて、急な中止又は延期をしていただく備えも必要」とも表明しています。この「状況分析・提言」を受け、事務局ではまず可能な限りの具体的な対応策を検討しました。また、新型コロナウイルス感染症の国内外の拡大状況や、他の全国規模の催事(大規模な展示商談会、スポーツ、ライブイベントなど)の対応状況についても情報を収集し、文学フリマの理念と目的に照らして、総合的に開催の可否について検討いたしました。結果、以下のような理由で「中止」を決定いたしました。

・「第三十回文学フリマ東京」においては、専門家会議の提言に準じた感染症対策を実施しても、参加者の皆さまが交流や売買を楽しめるような環境を提供することが困難になり、ひいては文学フリマの理念と目的「既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず〈文学〉を発表できる「場」を提供すること、作り手や読者が直接コミュニケートできる「場」をつくること」の実現が困難であると判断したため。
・人の往来が増加するゴールデンウィークは、より感染症への警戒が必要となること。また、ゴールデンウィークの前半に各地で集団感染などが発生した場合、5月6日の「文学フリマ東京」は非常事態宣言や都市封鎖など強制力のある中止命令で開催不可能になるリスクがあるため。その他、東京都での感染の広がりや大都市圏での感染拡大リスクの相対的な大きさ、文学フリマに参加される重症化リスクの高い方々への配慮、海外での深刻な感染状況、各種大規模イベントの中止決定などの出来事を総合的に鑑みて、今回の中止を決定いたしました。

 

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

「デイズジャパン」が破産申し立て

  「デイズジャパン」は、2020年3月19日、東京地方裁判所に対し、破産手続開始の申立てを行ったと発表。
  同社は、デイズジャパン検証委員会からの2019年12月26日付報告書を受けて、2019年12月27日にハラスメント被害に関する相談窓口を開設。これを受けて、ハラスメント被害に遭われた複数の方から、同社の残余財産を上回る金額の損害賠償請求があったという。今後も、ハラスメント被害の請求があることが予想されることも踏まえ、限られた財産を、被害者に対して公平に分配するためには、公的な機関である裁判所による破産手続に委ねることが最良であると判断したという。関連情報=広河隆一氏の性暴力被害女性達に謝罪をーJVJAが声明文

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

文学賞の贈呈式の延期、中止ー日本ファンタジーノベル大賞、第23回「日本ミステリー文学大賞」

文学賞の贈呈式の延期、中止が相次いでいる。光文文化財団は、3月23日に開催予定だった第23回「日本ミステリー文学大賞」、同「同新人賞」、同「鶴屋南北戯曲賞」の贈賞式を延期することを決めた。開催時期は同10日現在、未定となっている。新潮文芸振興会は、3月24日に開催予定だった「日本ファンタジーノベル大賞2019」の贈呈式および祝賀パーティーの中止を決めた。 受賞者への授賞は、選考委員および関係者のみで執り行う。

 

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

講談社「吉川英治4賞」を発表

講談社は「吉川英治4賞」を3月2日に第54回「吉川英治文学賞」、第5回「同 文庫賞」、第41回「同 文学新人賞」、第54回「同 文化賞」の受賞者・作を発表した。【吉川英治文学賞】該当作なし。【同 文庫賞】小野不由美氏「十二国記」シリーズ(新潮文庫)。【同 文学新人賞】今村翔吾氏『八本目の槍』(新潮社)、呉勝浩氏『スワン』(KADOKAWA)。【同 文化賞】國井修氏(グルーバルファンド)、橋本操氏(NPO在宅介護支援さくら会代表取締役社長)、雑誌「子供の科学」(誠文堂新光社)。当初は発表当日に受賞発表記者会見を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を鑑みて、プレスリリースによる発表となった。贈呈式も延期を決定。開催日時が決まり次第案内するという。

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

第1回「令和小説大賞」決まる 第1回「令和小説大賞」遊歩新夢、谷山走太の両氏

第1回「令和小説大賞」(LINE、日本テレビ放送網、アニプレックスの3社共催)3月3日、第1回「令和小説大賞」の受賞者・作を発表。大賞に遊歩新夢「星になりたかった君と」、選考委員特別賞に谷山走太「負けるための甲子園」と、エフ「なぜ銅の剣までしか売らないんですか?」の2作を選出した。同賞は3社が昨春、新たな才能を発掘することを目的に創設。小説プラットフォーム「LINEノベル」を通じて応募受付を行い、4440作品が集まった。受賞作品はLINEノベルで読むことができる。


| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

「小説現代」リニューアル発行予定部数は1万部

月刊小説誌「小説現代」(講談社)がリニューアル復刊し、22日に刊行される。長編小説の一挙掲載を軸に、短編小説、エッセー、対談、特集企画など、すべての企画を毎号読み切りとする。雑誌の電子化が進む中で、塩見編集長は「紙の小説誌を読んでもらうために何をすべきかを考えた結果、読者に興味を持った号から手にとってもらえる読み切りスタイルにした」という。
 柴田錬三郎、水上勉、山岡荘八ら当時の人気作家の作品が載った1963年の「小説現代」創刊号の初版部数は21万部。68年には48万5000部にまで達したが、休刊時の2018年には1万部まで減っていた。リニューアル後の発行予定部数も1万部でスタートするが「休刊前には落ち込んでいた実売部数を大きく伸ばしたい」と塩見編集長は意気込む。
リニューアル第1号には少年犯罪を描いた小説で知られる作家、薬丸岳氏の長編「告解」を載せる。罪を犯した青年の葛藤と再生の物語だ。同作は数カ月後には単行本として刊行する。「先に雑誌に掲載することで本の売れ行きが減るのではないかという懸念の声もあるが、むしろ作品を知ってもらうきっかけになると思う。実際、第160回直木賞を受賞した真藤順丈さんの『宝島』は(リニューアル前の)『小説現代』に一挙掲載したことが、作品の魅力を知ってもらう下地作りになった」という。
 失踪者を捜す調査員を主人公とする大沢在昌氏の「佐久間公シリーズ」をはじめ、林真理子氏、朝井リョウ氏らの短編を掲載。石戸諭氏らのノンフィクション、益田ミリ氏のマンガ、お笑い第7世代と呼ばれるトリオ、四千頭身の後藤拓実氏らのコラムにも力を入れる。
  

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

「本屋大賞」2020ノミネート10作品を発表

  「本屋大賞」ノミネート10作品を2020年1月21日、本屋大賞実行委員会が発表した。昨年11月1日から今年1月5日まで受け付けた1次投票には、全国477書店、書店員586人が参加。集計の結果、下記の10作品がノミネート作に決まった。
 砥上裕將『線は、僕を描く』(講談社)/早見和真『店長がバカすぎて』(角川春樹事務所) /川上未映子『夏物語』(文藝春秋)/川越宗一『熱源』(文藝春秋)/横山秀夫『ノースライト』(新潮社)/青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(双葉社)/知念実希人『ムゲンのi』(双葉社)/相沢沙呼『medium霊媒探偵城塚翡翠』(講談社)/小川糸『ライオンのおやつ』(ポプラ社)/凪良ゆう『流浪の月』(東京創元社)/なお、3月1日まで2次投票を受け付ける。大賞作品の発表は4月7日。(新文化)



| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

第162回芥川賞に古川真人「背高泡立草」、直木賞に川越宗一「熱源」

 第162回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に古川真人さん(31)の「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(すばる10月号)が選ばれた。直木賞は京都市在住の川越宗一さんの「熱源」(文芸春秋)に決まった。
「熱源」は樺太に生きるアイヌの人たちの物語
 明治から昭和前期にかけて、帝国日本とロシア・ソ連との間で揺れた樺太(サハリン)に、たくましく生きるアイヌの人たちがいた。川越さんの長編第2作「熱源」は、数奇な史実を導きの糸に、極東の島と欧州を股に掛けて紡がれた壮大な物語だ。「困難な時代、故郷を失った人がどのように生きたのか、想像したかった」
 北海道・対雁(ツイシカリ)村。千島・樺太交換条約(1875年)に伴って移住してきた800人以上の樺太アイヌが暮らしていた。その中のヤヨマネフク、シシラトカ、千徳太郎治の若者3人が物語を動かす。同世代の和人からは「犬」呼ばわりされ、学校では「野蛮なやりかたを捨てて、開けた文明的な暮らしを覚えましょう」と説かれる日々。悩みながら三者三様、自らの生き方を選んでいく。
 時を経て3人は生まれ故郷の樺太で再会する。そして、祖国を失ったポーランド人の流刑者ブロニスワフの人生と交錯していく。「ロシア皇帝暗殺を謀った罪で流され、やがてアイヌの生活を記録することになる文化人類学者。しかも、その弟は後にポーランドを建国するヨゼフ・ピウスツキ。そんな魅力的な人物から、北半球をつなぐ物語の構想が膨らんだ」と明かす。
 アイヌの3人も実在の人物。ヤヨマネフク、シシラトカは犬ぞりの手腕を買われて南極探検隊に加わった。太郎治はブロニスワフとともにアイヌの学校を設立した教育者だ。「終盤は南半球の端まで展開する。少し風呂敷を広げすぎましたね」と苦笑いするが、軸はぶれない。大国に挟まれた「あわい(間)」に生きる人々への優しいまなざしだ。
 主役が入れ替わりつつ進行する。一つの「正義」を絶対視せず、「いろんな視点から、それこそ群盲が象をなでるように、人々の営み、歴史をあぶり出していきたい」から。民族意識や自尊心、排外主義、差別…。「異なる背景の人たちが、同じ共同体で暮らしていくには、どんな想像力が必要なのでしょうか」と語る。読者は、遠い土地、遠い時代の話に耳を傾けているつもりが、ふと、この国の現在に投げ掛けられている問いに直面する。(京都新聞1月15日)

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

中断された徳田秋声の小説「縮図」がタイツ柄に

  明治から昭和初期に活躍した文豪、徳田秋声(1871~一1943)の最後の長編小説が今年、女性用タイツの柄となり、パリジェンヌの脚元を彩る。「都新聞」(現在の東京新聞=中日新聞東京本社)で連載された「縮図」。太平洋戦争が迫り、言論統制で中断された未完の代表作だ。秋声の生誕百五十年を控え、出身地の金沢市の会社が当時の連載小説をプリントしたタイツを商品化、パリでの本格販売に乗り出す。(前口憲幸)

《東京新聞1月6日付ーパリジェンヌの足元に「都新聞」 言論統制で中断された徳田秋声の小説がタイツ柄に

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

丸善ジュンク堂書店が2019出版社別売上げベスト300発表

 書店の丸善ジュンク堂は、2019年の出版社別売上げベスト300を発表。トップ10は、1位講談社、2位KADOKAWA、3位集英社、4位小学館、5位新潮社、6位学研プラス、7位ダイヤモンド社、8位文藝春秋、9位岩波書店、10位幻冬舎で、前年と同順位となった。11位に朝日新聞出版、12位が宝島社、13位が河出書房新社など。上位100社のうち、もっとも伸長したのは『こども六法』がヒットした97位の弘文堂(前年118位)で、金額ベースで前年比25.14%増となった。次いで、62位かんき出版(前年87位)が同23.85%増。3位集英社も同18.64%増と大きく伸びた。(新文化)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧