2017年5月26日 (金)

文芸同人誌「私人」第91号(東京)

【「ユンボのあした」(二)根場至】
 62歳の水谷は、若い頃に魚屋の実家を飛び出し、さまざまな職場を経て、現在は警備保障会社の交通警備員をしている。そこで出会った出来事を詳しく描く。警備員の仕事の内容や、アルミ缶ゴミを集めて暮らすホームレスの生活実態を描く。それだけで面白いが、だからといって、ただの生活日誌ではない。まず、出だしに「人は望んで生まれてくるのでもなければ、目的をもって生まれてくるのでもない。」とある。それを強調する意味は異なるが、認識で同様の感覚の持ち主だとわかる。
 小説というものは、読者の日々の生活において、気付かなかったり、見逃したりしていることを、改めて再認識させるか、その角度を変えて見せるもの。この作品は、それを探し求めていると感じさせる。その意味で純文学の製作過程として読める。つまらない日常を平凡に書いてあるとして、それだから読むに値しないということではない。ここに小説の受け止め方と読み方の難しさがある。
【「D・H・ロレンスの想い出」(5)尾高修也】
 私は外国語がわからないので、翻訳でしか読めないが、ロレンスは読んでいる。同じ原作のものを異なる翻訳者で読むのも、原作をより深く理解できるものだ。
 学者である筆者は原文で読んでいるらしいが、ここでは新訳「チャタレ―夫人の恋人」(武藤浩史・訳)を対象にその意義を述べている。大変勉強になる。私は、伊藤整・伊藤礼共訳のものである。そして、いまは、過去に裁判沙汰になった小山書店版の伊藤整訳の上下巻を伊藤礼氏より提供されたことから、その小説の意義について研究している。尾高氏は、ロレンスは小説が巧いとしているが、まさに同感である。現代は、小説に対する考え方に定説がなくなっているようだ。そのなかで、これが小説だと示せるのがロレンスの作品であろう。当然だが、ロレンスは詩も書いている。哲学や社会学的なテーマを小説芸術にするうまさは、彼が詩人であったことに関係があると思う。その思想を小説に反映させるために人間の性関係を絡ませているにところに、一般人にも読ませる技術がある。これからのロレンス論の展開が楽しみだ。
発行所=東京「朝日カルチャーセンター」尾高教室。発行人=〒346‐0035埼玉県北本市西高尾4-133、森方。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

| | コメント (0)

2017年5月22日 (月)

文芸同人誌「孤帆」28号(川崎市)

【「It`s a SEXUAL World‐2‐」塚田遼】
 現代人の性にからむ活動を活写。現代への問題提起になっている。今号では、四(女性 一七歳 高校生)のケース。五(男性 四十一歳 舞台俳優)、六(二十二歳 女性 大学生)など三人の人物を登場させている。質の高い小説的な濃度が充分で、ここでは、性が女性の人間性のスポイルになり、男には虚無的な面を照らすように描かれている。この段階でもかなり厚みをもち、人間存在への問いかけに迫ることを予感させるので、後が楽しみだ。
【「芬香」草野みゆき】庭の水仙の花にかかわる時間と物語が短い中で語られる。詩的要素を含んだことによる完成度は高い。
【「ヒア、ボトム」とおやまりょうこ】
 三人兄妹の長男の晴樹、一番下の妹の優美が会う。両親と結婚30周年と中の弟の友紀の誕生日が同じ月に重なり、ついでに優美の就職内定が出たというニュースが加わって食事をすることになった。その集まりの前に、優美に会おうと誘われ、ドーナツ屋で会う。
 そこで、優美の方から、晴樹の恋人のことを聞いてくる。晴樹は優美が失恋でもしたのかと推測する。非常に個別的な話なので、関心をもつ人はそう多くないと思うが、小さな出来議ごとにこだわる表現力に注目する人もいるかもしれない。
【「腐食」畠山拓】
 アクロバット的な語り口で、自由に思うがままに表現する。おそらくこの手法が体質にあっているのであろう。その作家的エネルギーで、これ何だろうと、読ませる。
発行所=川崎市中原区上平間290-6。
紹介者=「詩人回廊」北 一郎

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

文芸同人誌「イングルヌック」第3号(大阪市)

 猿川西瓜と新城理の二人同人誌で、各人が2作ずつ発表している。本誌は「文学フリマ東京」で入手したもの。二人同人誌だと、その作風と個性が単行本に近く感じられる。文芸的文章道にそった価値観では評価できない雰囲気がある。
【「歯車と綿ほこり」新城理】
 レイチェルという若い女性をめぐる一種のキャラクター小説で、彼女の活躍する舞台となる世界が、歯車の構造になっているという特殊性が不明であるのは、シリーズものなのかもしれない。
【「ミドルエイジ」猿川西瓜】
 体毛が濃いのか、それともそれが風潮なのか。「俺」は美容室で脱毛に励むが、脱毛をすればするほど、身体の他の部分から毛が生え、濃くなるという現象を細かく書く。まじめに淡々と語るので滑稽感が増す。
【「アドミニストレーション」猿川西瓜】
 吉住という男は一般社団法人の団体職員に採用される。課長の澤田さんは、接待での酒宴で、糖尿病になってしまっている。やせてガリガリである。やがて病気が悪化して退職することになる。そのなかで、事務職員の仕事の世界と吉住はどうやってその世界に同調するかを考える。団体の事務員の作業哲学というのが面白い。
【「カスタード色の反抗」新城理】
 母親が若くして亡くなり、娘の私が喪主となる。短い中に、叔母や祖母との会話、母親との思い出などを記し、悲しみを奥に置いて現代人の一生態を描くことで、運命への恨みもあるのかも知れない。
発行所=大阪市中央区粉川町2-7-711、猿川西瓜-文学フリマ「イングルヌック」。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

総合文芸誌「ら・めえる」No74号(長崎市)

 ながさき総合文芸誌のサブタイトルを持ち、長崎ペンクラブが年二回刊行する雑誌である。
 元国会議員が会長になり理事には元県議会議員や元長崎新聞論説委員など多数を連ねている。
 印刷製本も本格的で市内企業などの広告も多い。156ページの中身はエッセイを主に誌・俳句・小説である。
 元長崎市助役の宮川雅一『長崎水道の恩人・日下義雄墓地・墓石について』など、地域密着記事が多いのは当然であろう。
 今号は長く編集長を務めた広田助利氏の追悼記念号でもあり同誌の沿革も記されている。
 写真も多用されており長崎市の総合文化雑誌の観もあり文芸同人雑誌とは一味違う読みでがある。
 同封された送付案内書に----貴方に一冊、寄贈致します-----とあるのも市民文芸雑誌らしく感じた。
 長崎から送付されてきた一冊を手に取り、文芸交流会の議題にどう取り上げ、閲覧するかを考えながら、ゆっくりと読み通した。
 150ページの三分の一は元編集長の追悼になっておりさらに三分の一はエッセイ12作品が埋めている。
【「ハプスブルグ王朝」吉田秀夫】
 小説は三作品だが、本作品が圧巻である。120枚の力作。ドイツ農民戦争期の首謀者トーマス・ミュンツァーを主人公にした歴史小説となっている。
 歴史的階級闘争のお手本としてエンゲルスが取り上げたこの事件を人物本位に書いた小説である。
 敗北して捕らえられたミュンツアー夫妻への拷問と凌辱。そして残酷な死刑が生々しい。
 改行も無く詰め込まれた読みづらい記述に籠められた作者の感性に触れて読み通してしまった。
 人誌作家で無く市の名士である医師が渾身で書き上げた作品に長崎ペンクラ
ブの真相を見たようだ。
発行所=〒850-0918長崎市大浦町 9-27、「長崎ペンクラブ」。
編集人=新名規明。発行人=田浦 直。(平成29年5月1日 発行)
紹介者=文芸交流会事務局長・外狩雅巳

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

文芸同人誌「季刊遠近」第63号(川崎市)

【「女主人の家」逆井三三】
 京子という気位の高さと節度を失わない利発な女性の一生を描く。普通の田舎の素封家の出身から、健康して夫の働きで資産家になる。その事業の詳細は省略して、夫との死別や息子の家出を短く紹介し、その後の京子のゆとりある生活ぶりを丁寧に描く。人生後半に絞って、生涯を穏やかに終わるまでを描く。晩年の近田というマッサージ師との関係も自然な流れに沿って客観的に書く。二人の関係を激しく感情的に表現することも可能であろうが、作者の視線は、人生の幸せは、穏やかな日々の積み重ねにあるというところに納められている。読みやすく退屈させない。作者の視線が人生観を物語っているような作品。
【「鏡の中」花島真樹子】
 あかねという女性は鏡を見るのが好き。結婚しても、夫にそれほど関心がなく、鏡の中の世界をイメージする生活。ある日、車の運転中に幻想にとらわれ、事故を起こし、病院に運ばれるが、夫の五郎に見守られながら亡くなる。あかねの着ていた鏡に映していた服が沢山残される。
 五郎は、その後ほかの女性と付き合うが、京子の好んだ洋服と彼女が鏡の中にいるような気がして、独身を通す。そして、ある日、彼が無断欠勤したので、会社の人が見に行くと、五郎があかねの服に包まれて、満足気な表情で死んでいた。
 退屈な現実から逃れて非現実の世界に。鏡の中に魅せられた夫婦の、精神的な華麗さを感じさせる。奇妙な味の奇譚。
【「悲しみの日」難波田節子】
 5月5日は、イスラエルの「ホロコースト」記念日だそうである。その儀式の様子や、イスラエルには「ホロコースト否定禁止法」というものがあるという。本文では、それらの話からわが国の歴史と、戦時の民衆による言論抑圧行動などに話題が移る。作者の父も、空襲で亡くなったことになっているが、遺体はなく行方不明のままだという。アウシュビッツ見学の体験や、ナチスの追跡から逃れるユダヤ人を救済した人々の事例が紹介されている。
 人類の差別意識と憎しみ、連帯と博愛は、一人の一人の心にある。富沢有為男とかいう昔の直木賞か芥川賞だかをとった作家は、「文学は人間性の悪の部分を描き出すので、良くない」と、評論を新聞に書いていたそうだ。現在のテレビ報道を見ると、絆とか明かるいとか、付け焼刃で元気のでるようなものが多いが、実際は暗い世の中だからそうしているのかも知れない。
【「あさきゆめみしゑひもせず」藤民央】
 心筋梗塞とか心臓病にかかった体験記。同病ではないが、治療生活の一端に惹かれて読んだ。闘病ドキュメント。
【「手術まで」森重良子】
 40代の頃から悩まされていた股関節の不具合が、年をとったら痛くて歩けなくなる。しかし、医術に進歩と名医の存在で痛まなくなったという体験ドキュメント。
【「検査入院」島有子】
 自治体の胃がん検診でポリープがみつかり、検査入院した体験記。同じような体験をしてるとしても、それぞれ人によって細部はちがうのだろう。
 発行所=〒215-0003川崎市麻生区高石5-3-3、長井方。
 紹介者=「詩人回廊」北 一郎

 

| | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

文芸同人誌「弦」第101号(名古屋市)

【「猫・猫・猫」市川しのぶ】
 猫ブームというより、日常生活のなかに溶け込んでいる猫。人間と猫の関係から、猫の本質的性格とキャラクター的な個性のありさまを描く。いやとにかく面白い。内容やテーマは猫の存在に結ぶ付くことで、それぞれに多彩な物語がある。文章の簡潔さと手際の良さがで読む楽しみを導き出す。読みようによっては、文芸的表現の新手法に向けて参考になる。エッセイの長いものという視点から離れて可能性を検討する意味で、最初に紹介した。小説を読んでいる気がしないで読んでしまう文学の形式にならないのかということが浮かんだ。
【「普通の人々」長沼宏之】
 両親に問題があって養護施設で生活していた由美が、ある日、里親に引き取られて思春期を迎える。そこから、里親との仲がわるくなり、施設に戻ったりする。その後、視点が変わって、里親の母親役になっていた妻ががんで亡くなる。里親になった夫婦の事情が語られる。養護施設の子供と里親の関係をかなり詳しく調査した形跡がある。
 そこに描かれた人物の人間性には、ぎこちないところもあり、人により受け止め方に違いが出るかも知れないが、テーマの啓蒙的な効果は大きく、自分も学べた。タイトルの「普通の人々」というのは、意味深長で、考えさせられる。
【「初夏の翳り」岡田雪雄】
 戦後から10年ほどした時期の大学生同士の友情関係を描く。女性にもてなそうの中山という男が恋をした。荻原は、その彼女と彼の出会いをとりもつようなことをする。荻原もじつは、その彼女に好意をもっていた。友人の男は、荻原のおかげで、彼女と接触できるが、交際を申し込んで断られてしまう。それから、しばらくして友人は突然、自殺してしまう。その原因を推理できるのは、荻原だけである。冒頭の荻原のところに遊びに来た中山が、新しい靴が玄関でなくなったという。誰かに盗まれたのだろうとなったが、死後その靴が中山のとことにあった、というところが、非常に印象的で、荻原を責めたい鬱屈した中山の心理を表しているようだ。
【「ミンシングレーイン1~16番地」合田盛文】
 1967年から英国で仕事をした銀行員の記録。T銀行とは財閥系と合併する前の外貨銀行であったのか。海外生活の記録。たまたま自分は経済法則に関心があるので、興味深く読んだ。欧州人にしてみると、敗戦で廃墟の国なったはずの日本人が高度経済成長をしていることに、不快と不思議さを感じていた時期であろう。
  太平洋戦争中にフィリピンで負傷し、傷も癒えない元兵士に、恨みのビールを掛けられた話がある。英国人にとって日本人は不愉快な存在であるという空気は、いまもどこかに残っているはずである。また、杉原千畝とユダヤ人出国のパスポートの美談を通説に沿った説を記しているが、美談には違いないが、同じことをしても名を出さない人もいるし、このことを安易に受け取るのは、単純すぎる。とはいうものの、当時の日本人の高揚した精神が反映されている。ヨーロッパの翻訳ミステリーなどを読めば、その複雑な背景を滲ませた作品も少なくない。この問題の根源がどこにあるかなどは映画「アラビアのロレンス」などでも感じることが出来る。英国の帝国主義の負の遺産であろう。
【「絶滅危惧種」空田広志】
 ここでは、下部構造にうごめく労働者像を象徴的に描いたものと読める。インコを飼って幻想を見たりするのも、閉塞感からの産物と見える。小説的な面白さと書き方の個性を感じた。
【「ある日の自画像」木戸順子】
 胃がんを宣告された男が自らのお墓を探しに行く。友人や見知らぬ少女との出会いを軸に、壊れた妻子との関係を浮き彫りにする。文章と話の運びが巧みで、味わいのある作品になっている。
 【「同人誌の周辺」中村賢三】
 交流によるものか、送られてくる同人誌の作品評を毎号掲載している。費用もかかるであろうが、本来はこのように活字にして残すのが正当であろう。同人誌の多様性がわかって貴重な存在である。雑誌全体で、文章力抜群で、みな巧いのは日本人だからなのか?と思う。
発行所=〒463-0013名古屋市守山区小幡中3-4-27、中村方。「弦の会
紹介者=「詩人回廊」北 一郎

| | コメント (2)

2017年5月 2日 (火)

文芸同人誌「日曜作家」第18号(大阪府)

創刊五年目に入り完全に軌道に乗ったようである。編集代表の大原正義氏の連載作品も開花してきた。
【「菰被り通路の涙」 大原正義】
私の記憶では歴史に題材を求めていたころの作品『酩酊船』に注目してこの場所で紹介したことが最初だった。
その後、松尾芭蕉の世界に入り込み『鬼の細道』などを掲載しているのを注目してきた。そして弟子の通路に焦点を合わせて書き込んできた。今号の『菰被り通路の涙』で佳境になって来たようだ。
俳句文学に秀でた乞食の通路を見つけ愛弟子にした芭蕉と裕福な高弟たちとの確執を掘り下げている。
高価な茶入れ器の紛失を通路の犯行だと決めつけられた事で芭蕉から見限られて自棄死にする結末である。
芸術と常識、文学と社会などの問題を俎上にした作品になっていてひりひりとした読み応えがあった。
大原代表が年四回刊のこの同人誌をさらなるステージへと推し進める意欲を毎号しっかりと受け止め読んだ。
現在同人21人、会員39人との事。関西の同人誌世界に旋風を巻き起こすかも知れない。
今後も目を離せない同人雑誌とその主催者・集団として特記しておきたい。同人費は年間一万円と掲載している。掲載費は1ページ千円である。会員は年会費千五百円である。採算点は超えているのが。運営にも注目している。
日曜作家」(平成二十九年四月二十日発行)編集代表・発行人=大原正義〒567-0064 大阪府茨城市上野町二十一番地九号
紹介者=文芸交流会事務局長・外狩雅巳

| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

文芸同人誌「澪」第9号(横浜市)

 本誌は地域リトルマガジン的同人誌という姿になりつつある。
【YOKOHAMA発巻頭インタビュー「先人の営み、その精神を伝えたい!」清水靖枝】
 インタビュ-アは石渡均編集長。話すところの清水靖枝さんは、地元の市民活動家で、長屋門公園歴史体験ゾーン運営委員会事務局長、阿久和北部連合自治会事務局長、阿久和北部地区社会福祉協議会会長、NPO法人見守り合い広場代表など。藍綬褒章受章者である。
 清水さんの話には、日本人の生活の現場が良く見えて、大変興味深い。地域社会の現状である「自然破壊」の停止、日本の原風景を守ることをしてきた。子供の教育と、貧困問題、団塊世代の社会的活動の影響力など、都市部の住民の現実を知ることができる。
 国家として、教育方針を打ち出していても、それはお役人の空理空論にすぎなくなっていることがわかる。最近は、教育勅語の導入などがメディアで論議されているが、メディアですら国民意識の現実を知らないで、組織の上部構造のいうままであることが、報道なのか、その矛盾の露呈することを意識させる企画といえる。
【「パ、の同窓会」衛藤潤】
 おそらく、学校の同窓会を軸にした、女性の生活意識を描く。女性の夫は、同窓会は成功者たちが集まるもので、それを見せ合うものだと定義する。その一例を示す。現実の日本人の生活描写であるが、そこに提示されたことの意味を、読者が考える余地がある。
【「魚無釣堀場」片瀬平太】
 「大人の童話」という肩書つき。ある場所の釣り堀には、そこで釣りをすると、過去の幸せだった時代の幻想のなかに入れるところがある。アニメか、コミックの原作になりそうな題材。日本の国民が、国家のライフサイクルの最盛期を終えて、下降段階に入ったなかにいること強く意識させる。
【映画評クラシック日本映画選3「君は大魔神を見たか」石渡均】
 映画「大魔神」のこの時期に映画を見たことがないが、トリック撮影の手法がわかって面白い。
【「明日に乾杯」鈴木容子】
 派遣の仕事の一例(倉庫の物流仕訳)が詳しく描かれていて、その部分が面白い。現代人の生き方のひとつであろう。人間無欲になって、なにもいらない、なにしないことの焦りと、その幸せの見つけ方のむずかしさ考えさせられた。
【「梳く」草野みゆき】
 介護するなかで(おそらく親)、髪を梳く作業に焦点をあて、内面を表現する。人生を見つめるこまやかな心遣いが感じられる。
発行所=〒241-0831横浜市旭区左近山団地3-18-301、文芸同人誌「澪の会
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

| | コメント (0)

2017年4月12日 (水)

文芸同人誌「あるかいど」61号(大阪市)

【「スーパームーン」木村誠子】
 病気で亡くなった親族のことを、細かく書いてその出来事を発表している。いわゆる自己表現を重点にした生活記録であろう。書くということは、眼の前にあることを、距離をもって認識させるので、作者にとって有意義な作業である。さらに作者の内面にも読者がいて、使う言葉を選択する。読み手と書き手が立体的に同一化する。その事情が読みとれる。そのような視点で読んだためか、素朴な自己表現と、文学芸術の同居した作品と感じた。生活記録から文芸作品の高度化に向けて一つの問題提起を含んでいるのではないか。。
【「風よ 海よ 空よ」泉ふみお】
 沖縄・渡嘉敷の住民たちの純朴さと長閑な生活ぶりが描かれる。しかし、そんな生活の背景には、太平洋戦争のとき。最前線で米軍に立ち向かった日本軍の強制で、中里先生と知念先生の戦死、その他の住民たちが犠牲になったことを、自責の念をもって語る源爺の姿を浮き彫りにする。神国という幻想に操られた日本国民の犯罪的行為を告発する話に読める。沖縄語をわかりやすく、しかもリズム感良く使い回す文体が優れている。
【「杭を立てる人」住田真理子】
 百歳の老人が、現代でも太平洋戦争の灯火管制の記憶が残っていて、部屋を暗くすることを求める。息子が73歳ということで、戦争は昭和時代小説的な様相を帯びている。それを現代につなげる工夫がしてある。
 執筆にあたっての参考資料に「豊川海軍工廠の記録」(これから出版)、「最後の女学生 わたしたちの昭和」、「豊川海軍工廠」豊川工廠跡地保存をすすめる会・編著、「父の死」久米正雄 青空文庫――とある。
 作品に描かれた、御真影といういわゆる天皇を神格化した宗教カルト国家の様子。それに米軍の空襲の無差別攻撃の悲惨さは、迫力がある。現在、中東で行われている戦争による一般市民の被害に想像を馳せさせるものがある。
発行所=〒545-0042大阪市阿倍野区丸山通2-4-10-203、高畠方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

| | コメント (0)

2017年4月11日 (火)

文芸同人誌「私人」91号(東京)

 朝日カルチャーセンターの文学教室から生まれた同人誌。尾高修也講師も作品参加している。
 杉嵩志「立川まで」は手慣れた創り方で読ませた。ーーとっておきの話を教えようーーと始めてーー僕は迷子の達人だーーと続けると何となく読みたくなり一気に引き込まれた。
 少年期や就労期の回想なのだが迷子というキーワードで繋げてーー五十年たっても、僕はまだ迷子だーーと老いた母親の背に駆けてゆく衝動で締めくくるきれいな作品である。
 鳴沢龍「ねぶた祭り」は個人的な理由で気になった作品である。――中学時代に憧れていた友人の話ですーーと朴訥に話し出す回想記です。旧友の叔父が戦闘機乗りでB24に体当たりした勇士なので憧れたとの事です。
 後年作者の父の遺品に戦時中の体当たり勇士の記事がある雑誌を見つけた事と結び付けている。
 旧陸軍航空隊の隼戦闘機などの戦記物が掲載されている雑誌「丸」昭和44年10月号が参考文献との事である。
 武器と戦記マニアなので個人的に引き込まれた作品だが、趣味が異なる人にはどう読まれたのだろうか。
 季刊で発行を続ける旺盛な意欲の同人誌であり毎号乾燥を書いているので愛着も一入となった。

発行所=🏣163-0204新宿区西新宿2-6^1  新宿住友ビル  朝日カルチャーセンター発行  発行人・森由利子
紹介者=「文芸交流会」事務局長・外狩雅巳

| | コメント (0)

より以前の記事一覧