« 文藝同人誌「R&W」第30号(名古屋市) | トップページ | 文芸同人誌「私人」第105号(東京都) »

2022年2月 6日 (日)

作家・西村賢太と石原慎太郎の対談から

 石原慎太郎のあとを追うように、西村賢太が亡くなった。石原都知事時代に、MXTVで対談をしてるのを見た。その当時は、すでに西村賢太は賞をとっていた。5千万円ほど金があったそうだ。慎太郎は、「君の貧乏話は、バイオレンス的で、面白くて好きだけれどね。もう金が出来たら話のタネが尽きるのじゃないのかね。」ときいた。「いえいえ、まだまだ話は続けられます」と、自信を語っていたものだ。

作家・西村賢太!私小説作家のイメージとその素材(1)
作家・西村賢太!私小説作家のイメージとその素材(2)
作家・西村賢太!私小説作家のイメージとその素材(3)
作家・西村賢太!私小説作家イメージとその素材(4)
作家・西村賢太!私小説作家イメージとその素材(5)

|

« 文藝同人誌「R&W」第30号(名古屋市) | トップページ | 文芸同人誌「私人」第105号(東京都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文藝同人誌「R&W」第30号(名古屋市) | トップページ | 文芸同人誌「私人」第105号(東京都) »