« 第一回全国同人雑誌協会総会のレポートを読んで | トップページ | 文芸同人誌「海」104号(いなべ市) »

2021年12月 5日 (日)

文芸同人雑誌の動向や展望について、まとまった情報は存在するのか

 文芸同人誌は、本質的に合評会をするので、地域内での活動性が枠があります。そのため、そのすべてをみわたすことが出来にくいでしょう。かつては、雑誌「文学界」に「同人誌評」がありました。じぶんが月報を発行していたころは、評をしていた今は故人の大河内氏、松本道介氏。季刊文科の編集に関係のあった草場氏(現在は草場書房を運営)などから情報を得ていました。考え方は伊藤桂一氏の同人誌観にしたがっていました。詩作品についても、同じでした。思い起こせば、「文学界」に評された同人誌に問い合わせをしたいのと、どんな状況か取材して欲しい、月報の読者からの要求があって、合評会に見学をさせてもらいました。感じたのは、部外者には冷淡で、閉鎖性の強いのが文芸同人誌でした。伊藤桂一氏より、「いいことだから根気よくやりなさい」と言われなければ、対象にしていなかったでしょう。同じことを何度も言っていますが、文芸同志会は、会員が原稿料を得るためには、何をどう書くべきかを模索するものでしたので、同人誌については、出版社に近い同人会とは交流がありました。「砂」という同人誌は、昔は「群像」や「新潮」の編集者とつながりがありました。しかし、それも一時的なもので、縁のある人が亡くなったり、雑誌の編集者が変わったりして、縁も失われきました。ライターの活躍する場も変化し、私自身が高収入の得られた新聞、機関誌の編集執筆に時間を費やすようになりました。自分は後期高齢者ですが、パソコンの教室に通ったことはなく、クライアントの要求で、機器とカメラを用意し、依頼された原稿をワードで書いておくり、請求書にはエクセルの使い方を習っただけです。当時、週刊誌や専門新聞の原稿を引き受ける人を斡旋する団体がいくつかありました。また、ネットニュースの外部記者にも報酬がでました。フリーペーパーから、ネットの食べログのようなお店紹介記事なども増えました。取材原稿料は大変安く、普通のライターはやりませんが、記事を書いて報酬をもらえば、いくら安くても、プロのライターという実績になりました。ネットやツイッターは、執筆者はライターでなく、タダで書いたものをデーターにして、広告費でビジネスにするわけです。時代が違って、隠居して良かったと思います。今は「海」(いなべ市)読み終わり、紹介を書くばかりです。今日も、沢山の雑誌や詩集、エッセイ集が到着しています。おいおい読んでいきます。この辺で、同人雑誌の地域的状況を、知るところを言いますと、三田村さんの「中部ペンクラブ」が、書き手の量と質で、最大のグループでしょう。同人誌同士の連携も強いようです。「季刊文科」は、予約読者の多さと、東京という地域性で、運営会社と編集人、職業作家の執筆の場として存在感があり、有力商業誌でしょう。「全作家」は本部が東京にあり、中部ペンほど同人数が多いようには思えません。雑誌「文芸思潮」は、アジア文化社という会社で五十嵐勉氏が、編集と運用をしているようです。商業誌で、紀伊国屋書店などで買えます。 

|

« 第一回全国同人雑誌協会総会のレポートを読んで | トップページ | 文芸同人誌「海」104号(いなべ市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第一回全国同人雑誌協会総会のレポートを読んで | トップページ | 文芸同人誌「海」104号(いなべ市) »