« 文芸同人誌「文芸中部」第118号(東海市)Ⅱ | トップページ | 自分ではない人の遺稿を整理する試み »

2021年12月26日 (日)

間島康子さんが、詩集「六月の雨」と随想集「ハユラコ」

  間島康子さんが、詩集「六月の雨」と随想集「ハユラコ」を刊行した。おそらく批評専門同人誌「群系」の送付者名簿から送られて来たのであろう。記憶があっていれば、「群系」の樋口一葉の評論に高品質なものを感じていたが、「ハユラコ」には、梶井基次郎の評論があるので、興味をそそられた。梶井は同人誌に発表していながら、すでに文壇で知名度があったというのは、珍しいことであろう。時の流れを現象と心の動きと結びつけて、明瞭に捉える文章が文学の本質の何かを示している。伊豆の川に題材をとっている作品が多いのも、それを示唆している。梶井の本質に沿った評論は多くないなかで、よくそれに寄り添った部分があって、なかなか読めるものが収録されている。《参照:間島康子随想集「ハユラコ」と詩集「六月の雨」

|

« 文芸同人誌「文芸中部」第118号(東海市)Ⅱ | トップページ | 自分ではない人の遺稿を整理する試み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同人誌「文芸中部」第118号(東海市)Ⅱ | トップページ | 自分ではない人の遺稿を整理する試み »