« 文芸同人誌「詩と眞實」8月号2021(熊本市) | トップページ | 文芸同人誌「文芸中部」第117号(東海市) »

2021年8月19日 (木)

同人誌掲載作品の分かり易い評論風の紹介を…

 「文芸中部」を読み終えた。文芸同人誌の中では文学性が濃いので、小説らしい形態なものが多い。そう感じるのは、普通の小説としての形式をもたないものが、同人誌には多いように思えるからだ。小説はどう書いても良いという作家がいるせいらしいが、それはどう書いても読者がつく立場の作家だからだ。普通は、世間話でも周囲が耳を傾けるようにして、話すものだ。そこで、こう書いてあるから、これは読める小説だというような紹介をしてみたい。

|

« 文芸同人誌「詩と眞實」8月号2021(熊本市) | トップページ | 文芸同人誌「文芸中部」第117号(東海市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同人誌「詩と眞實」8月号2021(熊本市) | トップページ | 文芸同人誌「文芸中部」第117号(東海市) »