« 西日本文学展望「西日本新聞」(12月27日)朝刊・茶園梨加氏 | トップページ | 文芸同人誌「奏」第39号2019冬(静岡市) »

2019年12月30日 (月)

地域商店会が同人誌コミックーマーケット大崎駅

 お台場の今年のコミケ冬は、東京オリンピック・パラリンピックの影響で期間を4日間にし、新たに建てられた青海展示棟を使って12月31日まで開催されている。大崎からのりんんかい線は、東京ビッグサイト国際展示場とテレポート駅が乗客の利用駅になった。これだけの動員客を引き寄せようと、コミックシェルターとして集客に活用している。《コミケ疲れを癒す「大崎コミックシェルター」駅前開催!》 出展者のなかには、勝った人の感想がないのが寂しいという声もあっちょうだ。

 

|

« 西日本文学展望「西日本新聞」(12月27日)朝刊・茶園梨加氏 | トップページ | 文芸同人誌「奏」第39号2019冬(静岡市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西日本文学展望「西日本新聞」(12月27日)朝刊・茶園梨加氏 | トップページ | 文芸同人誌「奏」第39号2019冬(静岡市) »