« 芥川賞作家の目取真俊氏の国への損害賠償訴訟、控訴棄却される | トップページ | 穂高健一「安政維新」が発売前に話題作 »

2019年10月 9日 (水)

「詩人囲碁会」に参加して

 日本棋院での「詩人囲碁会」に5日に参加してきた。将棋では藤井7段が最年少昇段で、話題になったが、囲碁の名人も芝野虎丸八段が最年少という、しかも囲碁を始めたのがマンガ「ヒカルの碁」だというから、世間は文字オンリーよりマンガ文化の主流になった。年配者が多い文系
囲碁会の現状である。《参照:第39回「詩人囲碁会」優勝者は熊野氏

|

« 芥川賞作家の目取真俊氏の国への損害賠償訴訟、控訴棄却される | トップページ | 穂高健一「安政維新」が発売前に話題作 »

コメント

>さん
>
>詩人囲碁会、見学したことがあります。わたしは若いころ詩や小説を書いたことがある自称詩人で、現在「小林秀雄大学」に在学中と勝手に弟子を自認しています(笑)囲碁は7段(幽玄の間)、73歳です。碁会メンバー不足の時には自称詩人でよければお知らせください。
>
>山本茂正
☆山本さまへのお返事
 現在「詩人碁会」の世話人は、勝畑耕一・文治堂社長です。〒167-0021杉並区井草2-24-15、03-3390-6419。入会希望を申し入れてくだされば、案内が来ると思います


投稿: ITO | 2020年5月 8日 (金) 08時31分

詩人囲碁会、見学したことがあります。わたしは若いころ詩や小説を書いたことがある自称詩人で、現在「小林秀雄大学」に在学中と勝手に弟子を自認しています(笑)囲碁は7段(幽玄の間)、73歳です。碁会メンバー不足の時には自称詩人でよければお知らせください。

山本茂正

投稿: | 2020年5月 8日 (金) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芥川賞作家の目取真俊氏の国への損害賠償訴訟、控訴棄却される | トップページ | 穂高健一「安政維新」が発売前に話題作 »