« 西日本文学展望「西日本新聞」(6月28日)朝刊・茶園梨加氏 | トップページ | 文芸時評・7月号・文学するのをやめる勇気 早稲田大学教授・石原千秋 »

2019年7月 5日 (金)

まほろば賞の推薦作品選考会について=外狩雅巳

 関東交流会を前に全国同人誌雑誌優秀賞の「まほろば賞」の候補作品選びが進んでいる。721日に関東からの推薦作品選考会を行うことになったという。

 候補作品の絞り込み会議の出席依頼が関係者に送付された。72日付で外狩雅巳にも案内書がきた。

 721日に東京・大田区民プラザで行うとの出席依頼である。そこには「相模文芸」34号の二作品が候補作に挙げられていた。

 発送元は交流会事務局の五十嵐氏の「文芸思潮」のアジア文化社である。この出席依頼に戸惑っている。二年前の「相模文芸」誌に掲載された作品は五十嵐氏が推挙したのだろうか。その選考会への出席招待である。

 幾人もの選考委員の出席で決定される関東地区からの推薦作品を私が投票するわけにはいかない。「相模文芸」とは無関係の人に選考してもらった方が良いのではないだろうか。「相模文芸クラブ」に確認したところ、通知は来ていない。私はクラブの一般同人と思われているようだが、創設者でもあるのだ。

 おそらく、町田文芸交流会の事務局長としての立場を勘案して招待だと思う。しかし、私が公平に選考を行い、先入観をもたずに候補作を推薦しても、周囲の眼にはどう映るであろうか。私は、そこで迷っているところだ。

《参照:外狩雅巳のひろば

|

« 西日本文学展望「西日本新聞」(6月28日)朝刊・茶園梨加氏 | トップページ | 文芸時評・7月号・文学するのをやめる勇気 早稲田大学教授・石原千秋 »

コメント

◎マスコミの力・ミニコミの非力
月曜日。朝食時にはテレビをつけている。
TBSはニュースショーのビビットである。
被害が2億円を超えるハガキ詐欺を大々的に放映している。
訴訟を装うハガキを送り付けてくるそうだ。
高齢者が騙されて大金を送るそうだ。
テレビが取り上げて全国に警戒を呼び掛けている。
送られてきた詐欺ハガキを画面いっぱいに映し出す。
著名人・有名人・学者・警察関係者が出演している。
これで高視聴率を取れるのがマスコミである。
私は昨年受け取った偽訴訟ハガキについて作品を書いた。
六月一日のハガキも写真で同時掲載している。
しかし同人誌というミニコミでは影響力は無い。
そこで工夫した。この手の日常随筆的な作品を集めた。
3作品纏めて・されど老春の日々と題してプリントした。
手作りの小冊子だが町田文芸交流会で配布している。
テレビとは一味違う読み物として広がることを狙った。
今日のビビット番組を味方につけようと考えている。

投稿: 外狩雅巳 | 2019年7月 8日 (月) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西日本文学展望「西日本新聞」(6月28日)朝刊・茶園梨加氏 | トップページ | 文芸時評・7月号・文学するのをやめる勇気 早稲田大学教授・石原千秋 »