« 女優・松井玲奈氏の小説『拭っても、拭っても』を「小説すばる」に | トップページ | 文芸同人誌「澪」第12号(横浜市) »

2018年10月15日 (月)

紗倉まなさんデビュー作「春、死なん」 鋭いまなざし

一般に小説を書く場合、自分よりも年少の人物に視点を設定したほうがハードルは低いといわれる。年長の人物を描くと、どうしても人生経験の浅さが文章の端々に出て、人物像が薄っぺらくなってしまうからだ。25歳の若い女性がはるかに年上の男性を描く。その心意気に感心しながらページをめくっていった。
《産経10月15日: 紗倉まなさんの文芸誌デビュー作「春、死なん」 生と性と死に寄せる鋭いまなざし

|

« 女優・松井玲奈氏の小説『拭っても、拭っても』を「小説すばる」に | トップページ | 文芸同人誌「澪」第12号(横浜市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女優・松井玲奈氏の小説『拭っても、拭っても』を「小説すばる」に | トップページ | 文芸同人誌「澪」第12号(横浜市) »