« 中部ペンクラブ文学賞(第31回)に弥栄菫さん作品 | トップページ | 文芸同人誌「私人」第95号(東京都) »

2018年8月15日 (水)

小柴 一良写真展の公害から見たFUKUSHIMA

  夏休み前に、小柴 一良写真展「FUKUSHIMA 小鳥はもう鳴かない」をニコン銀座サロンで観た。福島原発事故を水俣病を取材していた関係から、小柴氏は公害の視点をもっている。たしかに、福島事故の被ばくの状況は、場所と時間によって、かなり異なる。米軍の「トモダチ作戦」での被害は、死者やがん患者が多発して訴訟を起こしている。米国政府は軍人であることを理由に却下、いまは東電を訴訟相手にしている。福島現地でも、被ばくの影響があるが、それを公言できない。都市伝説として、多くの情報が伝わっているだけだ。

|

« 中部ペンクラブ文学賞(第31回)に弥栄菫さん作品 | トップページ | 文芸同人誌「私人」第95号(東京都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中部ペンクラブ文学賞(第31回)に弥栄菫さん作品 | トップページ | 文芸同人誌「私人」第95号(東京都) »