« 2018年6月 | トップページ

2018年7月17日 (火)

文芸同人誌「海馬」41号(神戸市)

【「旅のいざない」山際省】
 修三という男の人生遍歴を描いたもの。思い出話が入るため時代の推定が難しいが、四半世紀以上前のことであろう。内容は、幾つかのエピソードの積み重ねで、それをなべてある。駅で2、3日過ごしていると、警官に職務質問されてしまう。それが不満で、対応に協力しないので、交番委に連れて行かれる話。富士製鉄のJ建設会社の飯場で働く話。大型2種免許も取得する。生活苦もなく、自由な気分の生活情報である。最近の文芸同人誌に多い無思想性の生活記録。
【「彼と私と」山下定雄】
 自転車修繕作業と公園の雲梯にこだわる話が延々と続く長編の連結した作品らしい。彼と私は、分裂した存在として語られるが、それぞれのこだわりを主張しながら、統一された「私」として、読者に伝達される。こだわりをああでもない、こうでもないと繰り返すことで、人間性の一面を表現している。
【「タンゲーリーアの歌声」永田祐司】のんびりした
 出だしが、アルゼンチンの港の様子からはじまる。その運びが、話が長いことを暗示している。しかし、骨組みは、人探しの物語でできている。かつての恋人を探しだすために、日本からこの国にやってきた男が寺沢という68歳の男であることが2ページほど読み進むとわかる。彼女には娘がいるが、そのことも寺沢の思い出話のなかでわかる。
 人探しの間に寺沢とタンゴ歌手の関係から、彼の人生上の出来事が思い出物語として描描かれる。結局、探した彼女は見つけ出した娘によって5年前に亡くなっていることがわかる。こうした作りでは、何でも語ることが可能である。よくぞ書いたものだと感心する。そ一方で、の長所がある代わりに、極彩色の糸で織られた手毬のようにあれこれと目を引くことで、話が分裂し、統一的な印象を散漫にするようだ。
 このような幾つもの話を同時進行させるのに巧みなのが、宮部みゆきであろう。息もつかせず読ませる。ベストセラーになるのも当然。そのかわりああ、面白かった、で終る。それと異なる味わいを出すことが純文学としての道だとは思うが、難しいものだ。
発行人=〒675-1116加古郡稲美蛸草1400-6、山下方「海馬文学会」。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

| | コメント (0)

2018年7月16日 (月)

海の日に冷房のない部屋で同人誌を読む

 16日の海の日は、どこにも出かけず、同人誌を読むことにした。朝、部屋の温度は29度、湿度69%。そこで、不在の家族の部屋の窓とベランダの窓を開けて風を通して、冷房なしで耐えられるか試してみた。午前中は、室温が31度まで上がった。湿度は67度に下がる。扇風機を使う。午後には室温33℃。湿度65%。その後、それが最高温度。夕方5時には、32度になる。湿度は67%に上がる。
 転居前の夏では、熱中症になりそうで、シャワーを浴びてまぬがれたほどだったが、現在の住まいは、それほどではない。ただ、酷暑のなかで、一日中在宅していることがなかったので、ひとつのデータになる。
 ところで、同人雑誌を2刷読んだ。商業雑誌と根本的に異なるのは、短編なのに長篇のような書き出しのものが多いのに気付く。まあ、読者のために創作しているのではないのであろうから、それも悪いとは言えない。出だしの無駄な部分で、字数を使いすぎて、テーマを描ききれないという損失がある。もしかしたらそれは、テーマがない前衛作品なのかもしれないのだが。

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

漫画の立ち読みご自由にどうぞ――。

  書店の売り上げの話の主流がだいたいマンガかファッション誌になっている。文芸情報は、一部マニアの世界になっているようだ。一種の秘境の世界としてみるようになっているのかも。かつてはライフスタイルのヒントになっていたのだが。

ーーー漫画の立ち読みご自由にどうぞ――。
 大手出版社の小学館が、書店で漫画を立ち読みできないようにするフィルム包装(シュリンクパック)の取りやめを呼びかけ始めた。名付けて「コミックス脱シュリンクパックプロジェクト」。この春、一部の書店で包装をやめたところ、少女・女性向け漫画で売り上げが20%増えたため、今後拡大する方針だという。

 小学館によると、シュリンクパックは、立ち読みや破損を防止するために30年ほど前から多くの書店が採用したという。ただ、近年は出版不況や漫画離れの影響で「漫画売り場に立ち寄る人が減っていると実感していた」(小学館マーケティング局・福本和紀さん)。電子書籍の場合、試し読みを設けると漫画の売り上げが増えた実績があるため、「まずは読んでもらうため、接点を増やしたい」と、包装を解くことを試みた。

 今年3月から5月に全国の書店36店に呼びかけ、「闇金ウシジマくん」「MAJOR 2nd」「空母いぶき」「海街diary」「コーヒー&バニラ」など、35作品の1巻と最新巻について、包装をかけずに1冊まるごと読めるようにした。版元から呼びかけての大々的な取り組みは異例のことだという。

 その結果、少女・女性向け漫画では、包装をかける一般書店に比べ、売り上げが20%増えたという。少年・青年向け漫画では売り上げに顕著な変化はなかったが、書店員へのアンケートでは好評を得たことから、小学館は今後、さらに他の書店への拡大を検討する。
《朝日デジタル:漫画の立ち読みご自由にどうぞ――。》

| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

文芸同人誌「胡壺」第14号(福岡県)

【「緑の花」井本元義】
 病を得て入院中の77歳の男性「私」が、自分の容貌の醜さや、自己存在の意味性の薄さを意識しながら、これまでの人生遍歴のなかで文学に傾倒した記憶をかたる。
 若い頃は、香港の街に憧れた。中国語習得グループの教室「緑の会館」に参加する。そこで、小美という日系中国女性に出会い彼女の個性と美しさに魅せられる。そこから、「私」の美意識と欲望の遍歴が語られる。一応、物語的に論理的なつじつま合わせにも、わかりやすく読めるが、それが読者サービスになるのだろうか。そのことが、内面的なイメージの飛躍を押さえているかも。中国文化への耽溺が表現されている。話はちがうが作者は、6月に閉店した新宿の文壇バー「風紋」の東京新聞記事に客として、コメントを述べている。文学的な遍歴キャリアの豊富さがわかる。
【「夜の庭」ひわきゆりこ】
 男は、世間のしがらみから離れ、勤めをやめ、見知らぬ街の見知らぬ貸家に住む。物語のようなものはない。だが、男の出会う不動産の女や、貸家の大家の女性の風変わりな描写が面白く、見知らぬ街での男の自由な新生活ぶりが、興味深く読み込むことが出来る。小説という表現の必要条件を満たしているので、架空の謎めいたの世界の中でも説得力をもった存在感がある。
 作者の「自作を語る」には、優れた絵画の風景には、その世界に入り込んでしまいたくなる気持ちにさせるものがあるーー。という趣旨がある。
 たしかに、小説の男は、風景画の世界に入り込んでしまったのか、と納得する。その意味で、成功している。要因には、男の設定があらゆる世間のしがらみから解放された状況にしたことであろう。そういうことがあったらいいなと、読みながら羨望させるものがある。心がのびやかになる。同時に、風景画のなかの生活を味わう精神を、文学作品として描くという希有な世界を表現していることで、貴重な作風に感じた。具体的な名画を選んで、その世界に入った話などもぜひ読みたいものだ。このジャンルでの専門作家になることにも期待したい。
【「凶暴犬とガマガエル」雨宮浩二】
 福岡に仕事で赴任してきた僕は、街中で野犬に襲われて、近くのジャングルジムに上って危機を逃れる。その時の犬の表情に恐怖を覚える。その事件があってから、ある人間との接触の時に、普通の何げない表情の中に、凶暴犬の表情があるのを見つけてしまう。
 常識的に見れば幻視にすぎないのかも知れない。ここでは人間の本質の中に、優しさと凶暴性が同時に保持されており、凶暴犬の性質は誰にでも隠されているのではないか、という恐怖感を表現する。
 会社でクレームを処理する仕事をしているが、昼弁当を買う店の販売担当者の女性との交流や、会社にクレーム電話をする男の存在など、話の展開は豊かである。僕は常に、未来に対して恐怖と警戒心をもって生活しており、その心理がスリリングに伝わってくる。
 本作の「自作を語る」によると、凶暴犬にやられたことは実体験らしい。それがいまだにトラウマになっているようだ。ただ、それから離れて読んでも、我々がの現状がそのまま継続するとは、限らないことに対する鈍感な社会の雰囲気を擬人化して表現するのに成功している。動機不明な殺人事件などのニュースが飛び交う日本の社会不安が巧みに暗示されている。
【「戻れない場所」桑村勝士】
 東京で官僚となり、産業行政の担当者の身分で、出身地の工場団地企業招へい活動を視察に行く。そこでの用事を済ますと、かつての青春をすごした地域に行ってみる。
 そこから時間は、過去にもどる。中学校と親しい悪ガキと、溜池でのルアー釣り(作者好みらしい)。そして、いじめをする別の悪ガキ。そこでの復讐など。
 しかし、現在ではため池は埋められて近代的な街になっている。完全な断絶の帰れない場所になっている。一種のビルドゥングス・ロマンの変形とも読めるが、そうした分類が適切かどうかは、わからない。
連絡窓口=〒811-2114福岡県粕屋郡須惠町上須恵768-3、樋脇方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

| | コメント (1)

2018年7月 8日 (日)

第三回文学フリマ札幌 (2018/7/8)開催

   第三回文学フリマ札幌 (2018/7/8)が開催されている。後援に札幌市・札幌市教育委員会・北海道新聞社などがある。地道に地域文化に定着していることがわかる。

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

小説同人誌「ココドコ」1回限定号(大阪市)

 本誌は、第一号きりの同人誌。読者は、参加者とその知り合いたち対象ということか。このような試みもあるのか、と珍しいので紹介する。同人の「私家版」のようなものか。同人誌に所属していない書き手たちでもないようので、こうする理由がわからないところがある。同人誌の森に新種の樹を植えるというのだろうか。
【「空のあわいに」水無月うらら】
 本篇の終わりに鷹匠の技に関する参考資料書として、3冊が記されており、鷹匠として登場する女性の描写に生かされていることがわかる。話は、男には交際している女性がいる。結婚を前提にしているが、男はその気がない。女性は、彼の曖昧な態度に結婚を断念、去って行く。その男が魅力感じるのが、仕事と鷹匠を両立させる女性。
 自己表現としては、書いて充実感があるのだろうが、読む方は鷹匠というジャンルを楽しむ人の存在を知ることの面白さがある。
【「エンバーミング」内藤万博】
 アメリカの西部劇のような世界というより、そのもので、ベンジャミン・ウイッカーマンという屋敷を舞台に、銃の早打ちが自慢そうな、アメリカ人が集まる。話は、遺体保存された霊廟にまつわる話で、人間関係の心理を追求する。文学的にはフォークナーの「エミリー薔薇」やヒチコックの映画「サイコ」のような素材を使ったのに似る。書き手はとても楽しく充実しているであろう。読む立場では、アメリカの風俗へのノスタルジアを楽しめる。べつに外国人たちの話でなくてもよさそうに、とも感じる。
【「色の白いは七難隠す?」山川海蹴】
 ネット販売とスマホのアプリケーションなど、現代の職業人の生活と風俗の様子が、結果的に細部がわかる。選挙への姿勢や、制度としてのベージックインカムの話題なども意識している。色白の女性主人公は、母親を施設に入れている。生活のありさまが、ぶりが描かれているように読めたが、読み終われば、恋あり転職ありの生活の大変さのなかで、平和な日常が定着されている。
【「やさしい いえ」三上弥栄】
 触井園荘(ふれいそのそう)という2階建てのコの字型のアパートの住民たち。アパートはノスタルジックであるが、住むのは現代人。ミオリという「私」が住人として、アパート生活をかたる。無職で、大家さんらしいカオル子さんの犬の散歩役をしている。彼女を知る僕は既婚者で、妻と共働き。子供がいるので、子育てにイクメンをしなければならない。このように視点を変えながら、登場人物の仕事や生活が描かれる。書く方は、書きやすいだろうが、読む方はいちいちこれはだれであろうと、推測しながら読むので面倒。
 かつては、近代小説では、それだけ読者に負担をかけるとなると、それなりに重い内容の出来事があるのだが、現代小説ではそうとは限らない。それだけ文学が物語性から離れないと、通俗小説になってしまう。そうしない工夫の結果がこうなるのか、とも思う。
【「町工場に住む」田中さるまる】
 まず、通勤途中に電車のホームから、ビルの上から人が落ちるのを見る。父親が町工場の社長をしていたが、交通事故でなくなり、その事業を承継している息子が主人公。町工場だから、職人の技術があれば事業は続けられる。引き継いだ町工場は、海外に仕事をとられ、経営が良くない。そこで職人技をもつ社員を活用して事業の維持拡大をはかるが、冒頭のビル身投げを見たことで暗示させられるように、事業はうまくいかない。
 社員には外国人労働者がいたり、ベテラン専門職社員と職人でない2代目社長の駆け引きが主に強調されている。町工場の一部としてのリアルな面がある。ただ、経理の人間や銀行の存在がないため、文学的な表現としての環境であろう。全体に精神的な存在として主人公の心理にとどまる。舞台となる町工場はかなりの現金資産があり、工場の不動産価値がある状態で、経営者の生活上の維持は困難ではない。
そうなると、とりあえずの生活状況よりも、状況の悪くないなかで、精神的な不満足があることを示していると読み取れる。そのために、話がすっきりしなまま終わるのは、純文学のスタイルなかにおさまるためのものであるのか、という感慨も出る。
発行所=〒530-0035大阪市北区同心2-14-17、光ビル512、「ココドコ」製作委員会(代表・黒住純)。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

文芸時評(東京新聞6月26日)村上春樹「三つの短い話」=佐々木敦s

  『文学界』7月号に、「最新短編3作同時掲載」として、村上春樹「三つの短い話」が掲載されている。実はこれは、ちょっとした事件である。村上の小説が狭義の「文芸誌」に載ったのは、二〇〇五年に『東京奇譚集』としてまとめられる諸編が『新潮』に連載されて以来、じつに十三年ぶりのことであるからだ。最新短編集『女のいない男たち』は、『文学界』と同じ版元ではあっても、総合誌の『文芸春秋』に載ったものだった。だからどうということでもないのだが、現在の「日本文学」における最大の異端児と言ってもよい、この特異な作家の「文芸誌的世界」への帰還(というのも大袈裟(おおげさ)だが)が、何かを意味しているのかどうか、少しだけ気になりはしている。
  「三つの短い話」は、実際どれも、かなり短めの作品である。だが、むしろそれゆえにこそ、村上春樹という小説家の個性と才能を端的に表した、純度の高い仕上がりになっている。三編とも作家自身を思わせる「僕/ぼく」が語り手であり、語られる物語は、いずれも彼がまだ非常に若かった頃の思い出が中心である。
《参照: 村上春樹「三つの短い話」佐々木敦

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ