« 文芸同人誌「海」第97号(いなべ市) | トップページ | 佐藤裕「言葉の壁」と「真実・事実・現実 あることないこと」谷川の取り合わせ »

2018年5月20日 (日)

プリンターのスイッチを入れたら何故か、故障と表記

  最近は、本も書店に買いにいって、アマゾンは使わないようにしている。膝を痛めているので、歩く運動にもなる。スマホ決済などしたら、どれだけムダ遣いをしてしまうだろう。第一、宇宙線擾乱や天変地異で通信がキレたら、どうなるのか。アナログ生活でリスクを晴らすことだ。本の電子端末をも買ったが、使わないことが多いことがわかった。
  ネットをやらない人から、ブログの記事を印刷して見せて欲しいというので、1昨日は印刷できた。《参照:杉田篤史&村山岳の自由な語りと音楽》。ところが、昨日になって、もうすこし部数が欲しいというので、またプリンターの電源をいれたら、故障だから、電話して修理に田せと出た。いろいろ試したが、動かず、電話。すると修理代と新品の差が微差である。仕方なく、買い替えをすることにした。以前から、故障した終わりだよと知人にいわれていた。まさか、と思っていたら、本当だった。スマホをやらないでガラケーを使っているが、やっていたらネット関連メンテ代はばかにならない。
 

|

« 文芸同人誌「海」第97号(いなべ市) | トップページ | 佐藤裕「言葉の壁」と「真実・事実・現実 あることないこと」谷川の取り合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同人誌「海」第97号(いなべ市) | トップページ | 佐藤裕「言葉の壁」と「真実・事実・現実 あることないこと」谷川の取り合わせ »