« 「文学が人生に役立つとき」の肝の部分 | トップページ | 文芸時評4月「仮想通貨」とは、ほとんど文学」石原千秋氏 »

2018年3月24日 (土)

金田一秀穂氏が山梨県県立図書館の館長に

 言語学者の金田一秀穂氏(64)が4月1日付で就任する。6年間にわたり館長を務めた作家の阿刀田高氏は退任して名誉館長に就く。
父で国語学者だった故金田一春彦氏の記念図書館が北杜市にある縁から今回の人事が決まった。同記念図書館には春彦氏が生前に収集した蔵書など約2万8000点がある。

|

« 「文学が人生に役立つとき」の肝の部分 | トップページ | 文芸時評4月「仮想通貨」とは、ほとんど文学」石原千秋氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「文学が人生に役立つとき」の肝の部分 | トップページ | 文芸時評4月「仮想通貨」とは、ほとんど文学」石原千秋氏 »