« 西日本文学展望「西日本新聞2018年1月31日/朝刊」茶園梨加氏 | トップページ | 文芸同人誌「海」第二期・第19号(太宰府市) »

2018年2月 3日 (土)

文芸同人誌「メタセコイア」第14号(大阪市)

【「町」マチ晶】
 ストーリのない散文で、書き手は住んでいる町の中心部に行ったことがない。見知らぬ町をゆくように観察しながら彷徨する行程を描く幻想小説。静まった町の風景に非実在的な女性が登場。短い割には自らのイメージを追想する描写などは、時間をかけて書いたように思える。不安と憧れ、愛とロマンの世界。統一性に欠ける面があるが、文学性の高い作品に読めた。
【「足跡」北堀在果】
 記憶によれば、インドにルージュという名僧がいて、彼は若い頃には透明人間になって、女性の館に忍び込んだ経験がある。後に、空と中観の心の領域を説く人になったという印度説話があったような気がする。それが日本では、龍樹菩薩といわれるようになったのだろうか。話は薬を飲んで透明人間になって、女性にいたずらをするが、ついには、ばれてしまうというもの。その人が龍樹菩薩になる前の話である。
 末尾に「今昔物語」巻四第四十四「龍樹俗時作隠薬語」との引用であることが記されている。
【「あなたもそこにいたのか」和泉真矢子】
  夫婦間に子供ができないが、欲しい妻。不妊治療専門医に通う。夫の協力が欠かせない。夫は、形ばかりで、身を入れて協力をしない。女性の立場から、その悩みを巡って、女性の立場からの真理と行動を描く。話は想像妊娠現象に及ぶのだが、終わりは自己憐憫の涙を流して、生活への意欲を取り戻す。不妊治療をする女性の心理がどれほど辛いものかを描いて良いのだが、娯楽小説にするには、ストーり―的な面白がらせの要素は薄い。純文学にするには、語りの感覚が軽い。これは、作者の問題と云うより、文芸世界の現象が複雑化しており、方向性を作者が捉えきれていないためのものだと思える。書き続けることで、道が開けることを期待したい。
【「あおい鳥」よしむら杏】
 結婚して、15年の夫婦。ペットを飼っている。妻の史華は、ときどき「お不安さま」と称する不安症状が起きる。ここの設定が大変面白い。と、思ったら、具体的な事例が、分かりやすく、平凡。有澤家の子供も登場するが、その位置づけの意味が単純。夫が無精子症とわかるが、「ま、いいか」という感じ。問題提起になる素材を並べながら、それほどこだわらないで、幸せな日常。この段階では、風俗小説の範囲。時代の現状を良く表していることは確かだが。
【「痲保良」櫻小路閑】
 大学准教授の大堂は、地球温暖化の研究者である。彼の講演を澤渡という男が、熱心に聴講している。
 その彼の話を聞く大堂。澤渡は、事業で大儲けをした資産家。「痲保良」という地区を買い取り理想郷を、建設する話をする。作品のポイントとしては、澤渡の話が主体で、彼の独白を、大堂が受け止めるという形式。語り手から長話を聴くという間接的な手法をどういう形式でするか、というところが工夫のいるところ。内容は、現在の日本社会の現状と国民性への批判があるように読める。
 ここでは、合間に料理に注文を入れるということで、場を持たせている。そこが面白かった。
発行所=〒546-0033大阪府東住吉区南田辺2-5-1、多田方、メタセコイアの会。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

|

« 西日本文学展望「西日本新聞2018年1月31日/朝刊」茶園梨加氏 | トップページ | 文芸同人誌「海」第二期・第19号(太宰府市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西日本文学展望「西日本新聞2018年1月31日/朝刊」茶園梨加氏 | トップページ | 文芸同人誌「海」第二期・第19号(太宰府市) »