« 町工場の技術フェアを観に行く | トップページ | 西日本文学展望「西日本新聞2018年1月31日/朝刊」茶園梨加氏 »

2018年2月 1日 (木)

赤井都さん言壺便り-2018・01・31

  2018年も「言壺便り」をよろしくお願いします!
  1月ほぼ一カ月間という長い会期を、Le Petit Parisienというオープンな書斎でいただいて、窓際で展示販売を
させていただきました。たくさんのご来場、ありがとうございました。蔵書票は50枚入れたのが40枚も売れて、
アリスも人気でした! ありがとうございました。小さな机の上に豆本を置いて、引出しの中に版を入れ、奥に古書があるという眺めが私自身とても気に入りました。
  展示では、私の作品の他に、稲垣足穂の貴重な本の数々が展示されました。出版された当時は、こんな装丁だったのかー、とか、こんな対談集出てたんだ、などの珍しいものが見られました。古い文字組で『弥勒』を読みました。
  基本お任せしていて、私は行ける時に遊びに行ったのですが、だいたい行けるのが金曜の午後になるパターンで、展示本を一冊ずつ手に取って読書をしていました。
  会期中、書斎のオーナーさん、古書の出品者さん、私の三人での雑談会もしました。お忙しいところ、お集まりいただきましてありがとうございました。テーマがあって複数の人と話すということ、新鮮でした。特に演台とかもく同じ高さで本棚の間に皆で椅子を並べて座るという距離感が良かったですね。もっといろいろとお話したりお聞きしたりしたかったのですが、なにしろ時間があっというまでした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■最近のはまりごと
  実用書をばらして、綴じ直すことにはまりました。ストレッチの本など、超実用の本。ハンズフリーで見たい
のですが、背が固くて、両側を押さえておかないと勝手に閉じてしまう本。その本のページを一枚ずつばらして、
和紙で折丁の形になるように足継ぎして、針と糸で綴じてぱかっとどこででも開いて手を離して見られる本になりました。一冊綴じ直すのは、乾かす時間があるので、二日間必要です。
  書斎ではなく、茶の間に置いて使うので、無地の革や布など、インテリアとして溶け込む素材で表紙をつけました。
  すると、とても使いやすい、自分の本になりました。これまで、本の改装は、本を芸術にするルリユールの視点
で習ったまま、そのイメージで来ていましたが、アートになりそうもないガチな実用書を、自分の利用に便利なよう
に、物として変えていいんだ、と思ったら、とても自由になりました。綴じ直せば、便利です。製本は生活を豊かに
する技術だなと思いました。教室でも、本の改装をもっと教えていきたいです。そのうちブログにも書きたい話。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

|

« 町工場の技術フェアを観に行く | トップページ | 西日本文学展望「西日本新聞2018年1月31日/朝刊」茶園梨加氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 町工場の技術フェアを観に行く | トップページ | 西日本文学展望「西日本新聞2018年1月31日/朝刊」茶園梨加氏 »