« 文芸時評 2月号 早稲田大学教授・石原千秋 | トップページ | 赤井都さん言壺便り-2018・01・31 »

2018年1月31日 (水)

町工場の技術フェアを観に行く

  以前に、商工会や工業会の機関紙や、ネット報道をしていたので、今年も観にいった。《参照:おおた工業フェア
 現在、町工場は一時期より景気がいい。なかには、大企業の納期に追われて多忙なところもある。会場では、たまたま、「ものづくりの正義」について、つくらないモノづくりを志向するトキワ精機の木村社長にもばったり。(同人誌「砂」にその会社の年代記を書いたばかり。取材したのが2014年なので、「その後の経過も、そのうち教えますよ」と言っていた。今日は、昔の知り合いに次々と出会い、疲れた。そのなかで、山形の町工場まち白鷹町のファシエーターに出会って、お米までもらった。記事にするかな。
 NHKドラマ「町工場の女」のモデルとなった女性社長を取材して、ライブドアニュースで報道したこともある。ほかにも女性社長で手腕のあるひともいるが、報道の火付け役がないと、眼にとまらないものだ。街中ジャーナリズムをどの方向でいくか、

|

« 文芸時評 2月号 早稲田大学教授・石原千秋 | トップページ | 赤井都さん言壺便り-2018・01・31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸時評 2月号 早稲田大学教授・石原千秋 | トップページ | 赤井都さん言壺便り-2018・01・31 »