« 文芸同人誌「海」第96号(いなべ市) | トップページ | 会員減少の同人誌「砂」が休刊をまぬがれる »

2017年12月17日 (日)

ジャーナリズム業界の動向と活用の問題

  新聞の書評欄の必要性は、本の存在を知らせるジャーナリズム活動のひとつであろう。そこで話題になれば、ベストセラーも生まれる可能性がある。また、ジャーナリズムの拡張を利用している本サイトも、ジャーナリズムのジャンルの多彩さによっていtる。そのことの延長線上に、いろいろな動向の現状把握がある。そのひとつとして、報道の自由の問題が出てくる。《ここが変?「報道の自由」の現状を語る集い=ヒューマンライツ・ナウ
なかでも、東京新聞記者の望月衣塑子氏の活動は、努力と才能の一致した力を発揮している。

|

« 文芸同人誌「海」第96号(いなべ市) | トップページ | 会員減少の同人誌「砂」が休刊をまぬがれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同人誌「海」第96号(いなべ市) | トップページ | 会員減少の同人誌「砂」が休刊をまぬがれる »