« 赤井都さんが新作『一千一秒物語』予約受け付け開始 | トップページ | 「工場と時計と細胞」(「相模文芸」33号)とセガ労組活動=外狩雅巳 »

2017年10月 6日 (金)

<ノーベル文学賞>「日本はもう一つの古里」イシグロさん

 「でも、英国でも米国でも、この小説を自分たちに今起こっていることとして読んでくれる人は多いですよ」と語った。日本でも記憶を奪おうとする動きがあることを感じたはずだ。だからこそ、その作品群は、世界はもとより現代の日本人の胸に深く響く。最後に「私の底には、子ども時代があります。もう一つの古里です」とほほ笑んだ。【鶴谷真】
《参照:毎日新聞<ノーベル文学賞>「日本はもう一つの古里」イシグロさん

|

« 赤井都さんが新作『一千一秒物語』予約受け付け開始 | トップページ | 「工場と時計と細胞」(「相模文芸」33号)とセガ労組活動=外狩雅巳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤井都さんが新作『一千一秒物語』予約受け付け開始 | トップページ | 「工場と時計と細胞」(「相模文芸」33号)とセガ労組活動=外狩雅巳 »