« 文芸同 人誌「砂」の現状についての考察=外狩雅巳 | トップページ | 同人雑誌季評「季刊文科」72号(2017・10・22) »

2017年10月27日 (金)

発売前の本の書評を前提に無料で読める「NetGalley」

 出版デジタル機構はこのほど、ネットサイトを活用した紙の本の促進支援サービス「NetGalley」(ネットギャリー)を本格稼動した。書店員、図書館員、教育・報道関係者、ネットブロガーなどを対象に、発売前の書籍ゲラや見本本を電子書籍の形態で無料配布する。
 会員パスワードでログインするシステム。出版社によって承認された利用者は、仕入や予約のほか、記事やレビューを書く材料にできる。増売や書籍情報が広く社会に拡散されることが期待されている。
  これまではKADOKAWA、幻冬舎、講談社、光文社、集英社、小学館、ディスカヴァー21の7社でテストしてきたが、本稼動にあたり、朝日新聞出版、イースト・プレス、秀和システム、主婦の友社、竹書房、トランスビュー、白泉社、PHP研究所、ブリッジ、マガジンハウスが加わり、計17社から作品の提供を受けることになったという。
  現在、ネット書評は、「読書メーター」やアマゾンのレビュー投稿があるが、それらでは、何かが不足しているのであろう。

|

« 文芸同 人誌「砂」の現状についての考察=外狩雅巳 | トップページ | 同人雑誌季評「季刊文科」72号(2017・10・22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同 人誌「砂」の現状についての考察=外狩雅巳 | トップページ | 同人雑誌季評「季刊文科」72号(2017・10・22) »