« 2017年6月 | トップページ

2017年7月20日 (木)

総合文芸同人誌「岩漿」25号(伊東市)

【「檸檬の木のある風景が」偲優一】
 私立高校の常勤講師を長年にわたって勤め、三年前に定年退職した「私」は、あてもなく町を歩く。同時に人生の越しかたを振り返る。
 「お祭りのような繁華街を抜け2時間ほど歩いていくと公園があった。遊具一つ無く、人ひとりいない小さな公園である。染井吉野の根元に血しぶきのように咲いているのは曼珠紗華。
 」ここに一つの伏線がある。死が目の前に横たわる意識を表す。そして、街歩きしながら、過程のこと、家族のことなどが、思い起こされる。すべて普通に順調な平凡な人生の過程が思い起こされる。だが、懐には、佳き妻であった彼女への離婚届が入っている。
 そして、この小説の小説らしさ示す箇所がある。
 それは立ち寄った画廊に飲みかけのペットボトルを置き忘れ、キャップを開けたまま忘れたことを思い出すのである。これが「私」の存在感を感じさせるのである。
 それに追い打ちをかけてーー刑法上の違法行為をしない限り刑罰を科せられないーーという条文をしめす。終章で「人の往来がまばらになり、街灯の間隔が遠くなり、星ひとつ見えない。ポシェットには二か月分の抗うつ剤と睡眠導入剤が入っている。5メートルほどの紐も入れてある。あの公園に水道はあるし、枝ぶりのいい染井吉野もある」で締めくくる。――社会的な参加のない老年の死をまつというか、憧れる情感を、きちんとした骨格にするための計算の行き届いたニヒリズムに満ちた完成度の高い文学的作品に読めた。
発行所=〒413-0235伊東市大室高原9-363、小山方「岩漿文学会」。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

文芸同人誌評「週刊読書人」(2017年6月30日)白川正芳氏

板橋和朗「日記に記す一万歩」(「美濃文学」95号)、「群系」38号の特集「日本近代文学の始原」より葦原克芳「開化日本 書生がゆく 三遊亭円朝・二葉亭・漱石」等、「第6回 富士正晴全国同人雑誌賞大賞受賞について」より永野悟「大賞受賞のご報告」等・特別賞は「水路」20号(横浜市)と「文芸中部」第100号(愛知県東海市)、「マジカント」創刊号より松原礼二「悪魔夫人 出メルキド記」他、「テクネ」36号「木馬の騎手」(表紙写真・武田花)、久保井研(劇団唐組)の「新生唐組の誕生」、第33回太宰治賞受賞「タンゴ・イン・ザ・ダーク」サクラ・ヒロ、尾崎寿一郎著『ランボーをめぐる諸説』(コールサック社)
片山恭一「フィクションの可能性」(「季刊午前」55号)、「追悼 清水信先生」(「文宴」127号)、中野薫「SODOMY」(「海」18号)、棚橋鏡代著「彩鱗舞う」出版特集(「北斗」6月号)、岩崎正高「青春ラプソディ」(「アミーゴ」76号)
文芸同人誌案内掲示板:ひわき さんまとめ)

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

町田市公民館で文芸同人誌展示会始まる

 文芸交流会主催の「文芸同人誌展示会」ミニギャラリーの開催がはじまった。《参照:文芸同人誌展示会(町田)を7月29日まで開催=文芸交流会
 とりあえず、展示本の提供を受けたものを、カートに積んで、展示した。同志会では、このような展示のみで、欲しい人には提供するようなシステムは初めて。公的な会場での販売は、ビジネス利用で禁止。このさきどのようなものになるか、ひとうの実験であり、文芸同人誌の認知と情報収集の場にどれだけ効果があるのか、結果を注目したい。

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

新同人雑誌評「三田文学」(2017年夏季号)=柳澤大悟氏

《取りあげられた作品》
・竹野滴「麸菓子」(「麦笛」16号、仙台市太白区)
・高橋道子「ケガレ」(「麦笛」16号、仙台市太白区)
・はのさとこ「再生する魚」(「あまのがわ二〇一六」通巻13号、広島県安芸郡)
・斉藤せち「マイセルフ・ウィズ・マイルーム」(「樹林」623号、大阪市中央区)
・清水公介「みつめて」(「空とぶ鯨」17号、横浜市鶴見区)
・堀井清「無名の人」(「文芸中部」104号、愛知県東海市)
・早高叶「赤い花咲く水の中」(「カム」14号、大阪府高槻市)
「文芸同人誌案内」掲示板mon飯田さんまとめより

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

文芸交流会(町田公民館会場)の文芸同人雑誌展示会の日程変更

  町田公民館を拠点とした文芸交流会の「文芸同人誌展示会のスケジュールが変更になったという。すでに、知り合いの詩人から、段ボール箱で詩集や自費出版が送られてきた。こちとらも、明日から準備に入ります。
期間-----2017年7月18日午前9時から7月29日午後18時までの<10日間>
場所-----町田中央公民館階・ミニギャラリー
内容-----これまで交流してきた文芸同人雑誌・自費出版書籍の展示と普及。作品紹介で送られてきた各地の同人誌の一部も展示予定です。

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

町田文芸交流会の「同人雑誌展示会」を当会も支援へ

  町田市を会場拠点とした「文芸交流会」が 「同人雑誌展示会」を駅近の公民館で開催するという。文芸同志会で連絡所を担当している外狩雅巳の「文芸交流会」なので、当会も支援協力することにした。なんでも、販売することは、できないそうで、観るだけか、無料の同人誌をもって帰れるシステムがメインになりそうだ。ただ、無料でないもの、見本誌コーナーを作って、購入申し込みができるようににし、後日郵送する方法がよさそうだ。
 昨日、詩人囲碁の自由な会に出て、その話をしたら、出品したいという人もいたので、展示用詩誌は集まりそうだ。

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

文芸交流会(町田)主催で7月に『同人雑誌展示会』を開催=外狩雅巳

期間-----2017年7月18日午前9時から7月29日午後18時までの<10日間>
場所-----町田中央公民館階・ミニギャラリー
内容-----これまで交流してきた文芸同人雑誌・自費出版書籍の展示と普及。作品紹介で送られてきた各地の同人誌の一部も展示予定です。
※町田駅前の公民館は利用者も多く長期間の展示は注目されるでしょう。
 階段とエレベーター出口に挟まれた絶好のオープンスペースです。
 表示用ボードも展示用デスクも多数用意されレイアウト次第です。
 同人雑誌のバックナンバーを並べて説明ポスターを表示します。
 個人出版の書籍も一堂に集めます。全国の同人誌情報も掲示します。
 二週間の期間を有効利用し読みたい人には持参も勧めます。
 欠品は即時補充し多くの来場者が満足できるよう工夫します。
《参照:外狩雅巳のひろば

| | コメント (1)

2017年7月11日 (火)

同人誌評「図書新聞」(7月15日付)=志村有弘氏

 ・小網春美の「葬式の達人」(北陸文学第81号)の読後感が爽やか。
  ・永見篤彦の「孤灯」(山陰文藝第45号)が静かな文体で展開する佳作。
  ・射場石成の「尊重と軽蔑」(AMAZON第483号)が力作。
  ・磯部勝の「少女Z」(創第11号)は、高校生のいじめが軸。
  ・歴史時代小説では、森下征二の「滅亡の賦――大盗袴垂始末記」(文芸復興第34号)が文句なしの労作・力作。
  ・森岡久元の(室津のキツネ」(別冊關學文藝第54号)が面白い。
・麻生直子の「岸辺の情歌」(中野教室第2号)は、叔父の家に兄や母と共に住むようになった幸子(作者その人と見てよい)の中学時代を描く。死んだと聞かされていた父が生きているらしい、母が死のうとまで思い詰めた「秘事」もさりげなく示される。心優しい兄の、一方で凛とした姿が好ましい。無駄のない文章で綴られる好短篇。
--ほか。
  ・「葦」第53号と「文宴」第127号が清水信、「海峡派」第139号が青江由紀夫・加村政子、「東京四季」第112号が伊藤桂一・中原歓子、「北斗」第637号が雨宮弘明、「ら・めえる」第74号が広田助利の追悼号(含訃報)。ご冥福をお祈りしたい。 (相模女子大学名誉教授)
《参照:一徹で、精力的な老人の姿を示す小網春美の異色作(「北陸文学」)――盗賊袴垂を描いた森下征二の豊かな想像力(「文芸復興」) 

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

文芸月評7月(読売新聞7月6日付))死者を回想 永遠の生

  「群像」昨年4月号から連載が完結。瀬戸内寂聴さん(95)の「いのち」。胆のうがんの手術を終えた<私>が退院し、京都・嵯峨野の自宅「寂庵」に戻る様子から書き起こされる。介護ベッドに寝つく生活を送るうち、鬼籍に入った同世代の作家の河野多惠子や大庭みな子のことなどを思い返してゆく。
  荻野アンナさん(60)は、「文学界」2014年3月号の「海藻録」で始まり、7作目の「なよ竹」で完結した連作短編は、高齢の母を介護する<私>が大腸がんを病む話だ。闘病と介護を同時に体験し、母を亡くすまでを濃淡のある筆致で記した。
  新潮新人賞を受けた鴻池留衣さん(30)の「ナイス・エイジ」(新潮)は、東日本大震災を2年前に予言したというインターネット上の人物をめぐる先鋭的な一編だ。
  小山恵美子さん(42)の「図書室のオオトカゲ」(すばる)は、図書室で働く女性が主人公。自分にしか見えないオオトカゲが、利用者や蔵書を次々とのみ込んでゆく。静かな文章とトカゲの恐ろしい行動の落差に、足元が溶けてゆくような感覚を覚える。
  栗田有起さん(45)の「毛婚」(群像)は、夫の髪が突然ふさふさに生えてきた出来事をきっかけに、妊娠中の妻が男女とは何かを見直す。流しの縫い子を描く2003年発表の『お縫い子テルミー』をはじめ初期作品からの持ち味だった奇想に、人間観の深みが加わった。(文化部 待田晋哉)
《元の記事を読む:文芸月評「死者を回想 永遠の生」待田晋哉

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

文芸同人誌「異土」第14号(生駒市)

【評論「S・ベケット『ワット』―世界の意味が喪失するときー」紀井高子】
 冒頭にサミュエル・ベケット(1906~1989)の解説がある。アイルランドのダブリンで生まれた劇作家・小説家で、「ワット」は1943年に執筆され、1953年に出版された彼の2冊目の小説である。当然、「ユリシーズ」のジョイスと親交があって影響を受けたとされる。この同じ年に日本では、松本清張が『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞しているので、ごく近代の作家なのである。
 本誌の評論には、他にも、中里介山や火野葦平に関するものがある。「シラーの美的国家」論なども、安倍首相の好きな美しい日本とどう違うか興味深い。
  そのなかで、ベケットのこの評論では筆者が、前回の本誌でJ・M・クッツエーがベケットの「ワット」と「名づけえぬもの」を高く評価しているという評論を読んで書く気になったという。ベケットも彼もノーベル文学賞受賞作家である。
 自分も、いったいどれだけの人がベケットの「ゴドーを待ちながら」の演劇を観たり戯曲を読んだりしてるか、と思いながらこの評論を読んだ。よくぞ、書いてくれたという感がある。
 自分は、ある事情により 白水社の小説三部作(「モロイ」「マロウンは死ぬ」「名づけえぬもの」)全3冊セットを持っていた。それも新本を買っていた。ジョイスの「ユリシーズ」は古本であったのに、である。これを読み切るというのは、自分の通常の生活であり得ないことだが、内容の理解はとにかく読んだのである。独白文体の効果や、物語にしてしまうと、表現から抜けて落ちてしまう思考を展開する作家がいることを知った。
  しかし「ワット」という作品について読んでいないので、大変参考になった。同時にベケットを読み耽った時代を懐かしく思い出した。
 それは、ともかく、紀井氏の解釈を読むと、人間のもつこの世界への認識把握というものの不確定についての確信を描いたものらしい。文学的に見ると、事実として、世界が不確定であるところに、確信はない。だが、不確定であると捉えた認識については、確信することがあるのだ。わけのわからない内容の小説に、その意味づけを他人に説明できないが、わけのわからない作品でした、とは説明できるのである。
 小説とは現象を描くことで、この世界の存在の意味付けを、いろいろなパターンで認識させ、それを深める機能がある。しかし、どうとらえても存在世界の全体を「知りえないこと」があるのを認識できるのは確か。
 この評論による「ワット」の引用に円を描いた「絵」の項目がある。そこに――無限の空間と無限の時間のなかをそれぞれある中心とその円を求めているのだと考えた時、ワットの目には押さえがたい涙であふれた(中略)彼の気分をたいへん爽快にしてくれたーー(「ワット」白水社/高橋康也・訳151ページ)とある。
 まさに、道元の「心身脱落」の姿を想い浮かべた。同時に、時間は常に現状の変化を強要し、人間はそれに逆らってもがくということか。まさに「ワット」は、「ホワット?」かも知れない。
発行所=奈良県生駒市青山台 342-98、秋吉好方、「文学表現と思想の会
発行者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

文芸同人誌「海」第二期・第18号(太宰府市)

【「SODMY」中野薫】
 主人公の「僕」は、オックスフォード大学を出た長身金髪碧眼の英国人。京都にいて、英語教師をしながら能の研究をしている。ホモである主人公が、少年を求めて、古都を徘徊する話。サトシという日本人の男と知り合うが、まだ深い付き合いに至らない段階で話は終わる。白人の「僕」のゲイ嗜好を日常化したものとして描いたのであろう。現在の性的マイノリティLGBT(レズ、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の社会的な認識が進んだ時代に合わせたものであるとしても、タイトルが宗教的な視点での表現で、作品に描かれたイメージとどこでマッチするのか、考えてしまう。
【「万華鏡」有森信二】
 日本社会が、高度経済成長に入ろうとする時代。作者の少年時代と重なるのであろうか。近代社会の後半の、農村社会の共同体のなかの家族の世界を描く。作者の表現力は突出して素晴らしい。農家の子供である姉の美奈と弟の喬の姉弟愛が中心である。
 そのなかに、父親の妹である幸子が病弱で、働けず同居している。多少の家事手伝いをするが、喬はこの叔母が遊び相手をしてくれるので、好きである。読んでいて、自分の家にも親類の女性が同居していて、自分を可愛がってくれたのを、思い出した。なぜ、忘れていたのだろうと、不思議に思う。ようするに、この題材は、親近感に満ちている。
 いわゆる「みんな」意識で生活をし、支え合って生きた家族たち。父親と母親と子供たち、それに家長の妹が、作者の優れたリアリズム描写によって、生産関係に組み込まれた家族というかつての構造を、手堅い造型師の建造物のようにしっかり浮き彫りにしている。
 小説では家長制度のなかで、長男は喬であるが、まだ身体が出来ていないので、姉の美奈が水汲み労働を行う。喬は農業の家業を継ぐ長男としての役目を親から要求される。日本社会が脱農業化に変化しているのを察知したのか喬は農家を継ぎたがらない。
 そのことを象徴するように、父親が村人と酒を飲んでは、このところはみんなサラリーマンになっていると愚痴る。
 時代は、農業から工業へ人口移動がすすみ、核家族が進む。親がサラリーマンなってしまうと、子供は生産活動に参加できない。せめて買い物を手伝いするのだが、それは苦痛の伴う労働ではなく、消費者としてお客様として扱われる。
 核家族になれば、共同(みんな)で使っていた生活用品が、個人別に必要になる。住居も核家族すると足りなくなる。膨大な消費が生まれる元である。国内需要の増大によって、経済の高度成長時代がここから始まる。
 ここには、前世代にの生活スタイルが性格に描かれている。作者の眼は、世代断絶した我々の社会構造の変化の実態をよく見つめて表現している。事件も何も起きないが、しっかりとしたリアリズム手法で描かれた作品なので、共感をもって読ませられる。
【「あちらこちら文学散歩」(五)】井本元義】
 ここでは、詩人から俗世界の商人になったランボーの足跡をたどる旅が記録されている。楽しめる読み物である。俗物である私でさえ、堀口大学の翻訳で、作品を読んでいる。本作の冒頭で、昨年にランボーの関係した拳銃がオークションにかけられた話があるが、これはたまたま、詩人の堀内みちこ氏も「ランボー小論」(個人誌「空想カフェ」23号、2017年6月発行)で、AFP通信2016年12月1日の記事を紹介している。井上氏は、その口径7ミリ六連発リボルバー銃の写真を掲載している。
 詩人から生活人に人生の舵を切ったランボーの話は、おそらく長く人々の関心をひくことであろう。
【「静かななる本流」井本元義】
 文学的表現力が抜群で、文章そのもので読みごたえがある。長篇の一部らしいが、まとまっていなくても、作者の文学性のこだわりが、伝わってきて退屈することがない。
発行所=福岡県太宰市観世音寺1-15-33、(松本方)「海」編集委員会。
紹介者=「詩人回廊」北 一郎。

| | コメント (1)

2017年7月 7日 (金)

「おいしい文学賞」短編公募・ポプラ社

ポプラ社は、創業70周年を記念し、ウェブから応募する短編小説「おいしい文学賞」を創設した。選考は作家・小川糸氏とポプラ社の文芸編集部が行う。
  対象はご飯、おやつ、お酒など、おいしいものと聞いて連想するテーマあるいはモチーフが含まれた短編小説。文字数は8000~1万6000字程度(400字詰め原稿用紙換算20~40枚)で、締切りは11月30日。
 二人以上で書いた作品も応募できる。
 ここでの未発表作品とは、これまで不特定多数の人の目に触れる形(同人誌、インターネット上での掲載を含みます)で発表されたことのないものを指す。

| | コメント (0)

2017年7月 6日 (木)

西日本文学展望 「西日本新聞」6月30日・朝刊・茶園梨加氏

題「固定観念の気づき」
下川内遙さん「『ワイ』を殺す」(「佐賀文学」34号)、豆塚エリさん『星の瞳の君、つめたい朝焼け』(こんぺき出版)より「月をはらむ川」・「ゆきのふらないまちの雪」
小山内恵美子さん「図書室のオオトカゲ」(「すばる」7月号)、深田俊祐さん「散骨」(「九州作家」131号)
点字の同人誌「点と文(その2)」(発行人、ぽえまる)
文芸同人誌案内掲示板:ひわき さんまとめ)

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

同人誌評「図書新聞」(2017・6・3)=越田秀男氏

《対象作品》
  ・自我の分裂――『クジョウォカー』(間渡博寿美/照葉樹・11)。
  ・閉ざされた自我――『日傘の女』(乾夏生/時空・44)。
  ・老人の自我その1――『ゲイの島』(渡邊久美子/あらら・8)。
  ・その2――『いたち』(谷垣京昇/せる・104)。八十の大台間近の生涯独身男〈浩平〉。
  ・その3――『あと少しだけ』(土田真子/じゅん文学・91)。
  ・企業戦士の自我――『オブジェ』(桑田靖子/たまゆら・106)ーーほか。
《越田秀男・評「ズレ、乖離、分裂、閉塞、解放――震災2000日「依然として立ち往生し、ことばを創り出しかねている」より》

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」映画化へ

  編集者で作家の末井昭(すえいあきら)さん(69)が、豊富な話題を振りまいている。五月には新作エッセー『結婚』(平凡社)、『末井昭のダイナマイト人生相談』(亜紀書房)の二冊を同時発売。三十代までの半生をつづった『素敵なダイナマイトスキャンダル』は来年春の映画公開が決まり、ちくま文庫から原作が復刊された。(東京新聞7月1日)
 編集者で末井昭氏を知らない人はいないであろう。30代までの自伝 「素敵なダイナマイトスキャンダル」は、--芸術は爆発だったりすることもあるがのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった」ではじまる。
 末井さんの母親は、昭氏の幼少期に、隣家の若い不倫相手とダイナマイト心中自殺したのである。ダイナマイトが身近にある環境と言えば炭鉱生活である。エロ本業界で猥褻出版で幾たびも警察に呼び出された。そんな雑誌のひとつ「写真時代」で、荒木経l惟氏を起用し、80年代にアラーキーの芸術が世に広まった。ただし、末井編集長のところには読者から、荒木の写真では、オナニーで抜けないーという苦情がきたという。たしかにエロいの種類が違うのである」。
 アラーキーが世に出始めると、エロ雑誌は不況になり、末井氏はパチンコ雑誌を編集してしていた。その後、は「自殺」を刊行しヒット。
■関連情報=作家と編集者の理想の関係
末井昭ブログ「結婚」
 こう紹介する自分は、マーケティング関連の雑誌の編集を手伝っていたが、ある人から、「あなたに似たような編集感覚のひとがいる」と、 「素敵なダイナマイトスキャンダル」を貸してくれた。そこで、知ったのでのである。「何かを表現するっていふうに性格がなって行ったのは、母親がいたからっていう感じがありますよね。内向的になったていうか」(前掲・東京新聞)とある。三つ子の魂ができる以降の母親喪失の影が感じられる。

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

文芸時評6月(東京新聞6月29日)=佐々木敦氏

 鴻池留依「ナイス・エイジ」時間旅行者信じてみる?
  乗代雄介「未熟な同感者」本への屈託、純情深まる
《対象作品》鴻池留依「ナイス・エイジ」(「新潮」7月号)/乗代雄介「未熟な同感者」(「群像」7月号。

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

東電テレビ会議49時間の記録を観ると

  福島原発事故で、その経営者の責任を問う訴訟で、検察が不起訴にした。放射能汚染にさらされた被害者はもちろん、この事故で、ドイツ、台湾、韓国が脱原発を決め、米国では事故対策でWH社が採算に合わず倒産。債務保証した東芝も倒産の危機にある。
 これで、いくら法人でも、経営者に何の責任もないのはおかしいと、検察審議会にかけて強制的に起訴になった。本当は、幹部全員が対象だったが、裁判進行の都合上3人に絞られた。
 その初公判とあって、関係者が大集合した。午前中から東京・参議院議員会館に関係者が集まっていた。自分は午後から会場に行ったが、記者会見前にOurPlanet・TVが制作した「東電テレビ会議49時間の記録」映画を見た。これはネットで放映されたものを短縮したもの。いざ、通してみると、事故の現場そのものが、事実を把握できずにてんやわんや。本部と現場の連絡ができずにいる。現場がわからないのだから当然のこと。あまりの情報のなさに、当時の管総理が官邸から乗り込んでくる直前までが記録されている。それ以降の経過の録画は東電が公開拒否をしているそうだ。《参照:強制起訴で新資料出る!東電福島原発事故刑事裁判の初公判
 それでも、原子炉が爆発しても、現場でそれが何による爆発かわからない。水素爆発であろうと考えるが、人が行って確かめられず、わからない。どういうわけか、現場がわからないのに、「なんだかメディアでは、水素爆発と報じているそうです」という声が記録されている。これによって、たとえ核爆発であっても、メディアは水素爆発と報道する仕組みに入っていたことがわかる。実際、3号機は核爆発である現象が認めらている。いずれにしても、事故が起きたら、どれほど手がつけられない状態かが、改めてわかる。現在、再稼働に入っている原発は、現場に免震棟もない。事故がおきたらお手上げなのだ。まあ、地域住民は、その世代はお金がもらえるであろが、その後のことを考えると、暗い気持ちになる。
 それと、記者会見には、NHKから大手新聞社が勢ぞろいしていた。自分が、電車で家に帰る間に、報道されている筈である。ただ、全体像すべて報道することはできない。どうすべきか考えているうちに翌朝になってしまったものだ。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ