« 文芸交流会(町田公民館会場)の文芸同人雑誌展示会の日程変更 | トップページ | 町田市公民館で文芸同人誌展示会始まる »

2017年7月16日 (日)

新同人雑誌評「三田文学」(2017年夏季号)=柳澤大悟氏

《取りあげられた作品》
・竹野滴「麸菓子」(「麦笛」16号、仙台市太白区)
・高橋道子「ケガレ」(「麦笛」16号、仙台市太白区)
・はのさとこ「再生する魚」(「あまのがわ二〇一六」通巻13号、広島県安芸郡)
・斉藤せち「マイセルフ・ウィズ・マイルーム」(「樹林」623号、大阪市中央区)
・清水公介「みつめて」(「空とぶ鯨」17号、横浜市鶴見区)
・堀井清「無名の人」(「文芸中部」104号、愛知県東海市)
・早高叶「赤い花咲く水の中」(「カム」14号、大阪府高槻市)
「文芸同人誌案内」掲示板mon飯田さんまとめより

|

« 文芸交流会(町田公民館会場)の文芸同人雑誌展示会の日程変更 | トップページ | 町田市公民館で文芸同人誌展示会始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸交流会(町田公民館会場)の文芸同人雑誌展示会の日程変更 | トップページ | 町田市公民館で文芸同人誌展示会始まる »