« 東浩紀ゲンロンゼロ「観光客の哲学」橋爪大三郎・評 | トップページ | 文芸同人誌「日曜作家」第18号(大阪府) »

2017年5月26日 (金)

文芸同人誌「私人」第91号(東京)

【「ユンボのあした」(二)根場至】
 62歳の水谷は、若い頃に魚屋の実家を飛び出し、さまざまな職場を経て、現在は警備保障会社の交通警備員をしている。そこで出会った出来事を詳しく描く。警備員の仕事の内容や、アルミ缶ゴミを集めて暮らすホームレスの生活実態を描く。それだけで面白いが、だからといって、ただの生活日誌ではない。まず、出だしに「人は望んで生まれてくるのでもなければ、目的をもって生まれてくるのでもない。」とある。それを強調する意味は異なるが、認識で同様の感覚の持ち主だとわかる。
 小説というものは、読者の日々の生活において、気付かなかったり、見逃したりしていることを、改めて再認識させるか、その角度を変えて見せるもの。この作品は、それを探し求めていると感じさせる。その意味で純文学の製作過程として読める。つまらない日常を平凡に書いてあるとして、それだから読むに値しないということではない。ここに小説の受け止め方と読み方の難しさがある。
【「D・H・ロレンスの想い出」(5)尾高修也】
 私は外国語がわからないので、翻訳でしか読めないが、ロレンスは読んでいる。同じ原作のものを異なる翻訳者で読むのも、原作をより深く理解できるものだ。
 学者である筆者は原文で読んでいるらしいが、ここでは新訳「チャタレ―夫人の恋人」(武藤浩史・訳)を対象にその意義を述べている。大変勉強になる。私は、伊藤整・伊藤礼共訳のものである。そして、いまは、過去に裁判沙汰になった小山書店版の伊藤整訳の上下巻を伊藤礼氏より提供されたことから、その小説の意義について研究している。尾高氏は、ロレンスは小説が巧いとしているが、まさに同感である。現代は、小説に対する考え方に定説がなくなっているようだ。そのなかで、これが小説だと示せるのがロレンスの作品であろう。当然だが、ロレンスは詩も書いている。哲学や社会学的なテーマを小説芸術にするうまさは、彼が詩人であったことに関係があると思う。その思想を小説に反映させるために人間の性関係を絡ませているにところに、一般人にも読ませる技術がある。これからのロレンス論の展開が楽しみだ。
発行所=東京「朝日カルチャーセンター」尾高教室。発行人=〒346‐0035埼玉県北本市西高尾4-133、森方。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

|

« 東浩紀ゲンロンゼロ「観光客の哲学」橋爪大三郎・評 | トップページ | 文芸同人誌「日曜作家」第18号(大阪府) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東浩紀ゲンロンゼロ「観光客の哲学」橋爪大三郎・評 | トップページ | 文芸同人誌「日曜作家」第18号(大阪府) »