« 文芸同人誌「胡壺・KOKO」第13号(福岡県) | トップページ | トランプに安倍総理は「和して同ぜず」ができたのか »

2017年2月10日 (金)

ピース・又吉、芥川賞受賞後第1作はまだだったのか

 「火花」に続く2作目の執筆について聞かれた又吉さんは、〈今はだいぶ終盤で書き直してるところ〉と作品が仕上げ段階に入ったことを明かしている。
絶対一つ目より難しい
 芥川賞を受けた「火花」は、売れない若手芸人2人の輝きと挫折を描いた切実な青春小説だった。人気芸人の又吉さんが自らの実感を交えながら、「笑いとは何か」を真摯(しんし)に探究しているのも話題を呼んだ。
 当然次作の内容に興味は向かうが、執筆中ということもありインタビューでは新作のタイトルや題材、具体的な発表時期・媒体などは触れられていない。ただ、「火花」の予想を超える反響がもたらした次作へのプレッシャーや迷い、悩みについて、飾らない言葉で率直に語っているのが興味深い。
 ピース・又吉、芥川賞受賞後第1作の完成迫る 「文学界」のインタビューで明かす(産経新聞)

|

« 文芸同人誌「胡壺・KOKO」第13号(福岡県) | トップページ | トランプに安倍総理は「和して同ぜず」ができたのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同人誌「胡壺・KOKO」第13号(福岡県) | トップページ | トランプに安倍総理は「和して同ぜず」ができたのか »