« 文芸同志会の連絡所と拠点についてー響ルームの廃止について | トップページ | 文芸同人誌「R&W」第21号(愛知県) »

2017年2月20日 (月)

文芸同人誌評「週刊読書人」(2017年2月3日)白川正芳氏

「野紺菊を描く」高橋裕子(「日本未来派 詩と評論」230号)、及川良子著『したたる瞬間を』
創刊、日本大学藝術学部文芸学科多岐祐介ゼミ発行「黒曜」より島崎葵「ファジー」・仲野真由「枝豆と猫」・井村佳歩「チョコレートを手に入れたら」・小山田美涼「剣の街」
若杉妙「私の岩下俊作像」(「海峡派」138号)
岡田朝雄「忘れえぬ人びと7 北杜夫さん」(「未定」21号)、黒羽由紀子「詩 すみれたんぽぽこき混ぜて」(「同時代」41号)、惣うえもん「お守り袋」(「詩と眞實」811号)、増永香菜子「永遠にサナギ」(「文芸」16号)、中村ちづ子「幸せの逃げ口」(「北斗」1・2月合併号)
文芸同人誌案内掲示板:ひわき さんまとめ)


|

« 文芸同志会の連絡所と拠点についてー響ルームの廃止について | トップページ | 文芸同人誌「R&W」第21号(愛知県) »

コメント

・お久しぶりです。札幌文学の感想ありがとうございました。ますますの健筆、面白く拝見してます。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2017年3月 1日 (水) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同志会の連絡所と拠点についてー響ルームの廃止について | トップページ | 文芸同人誌「R&W」第21号(愛知県) »