« 【文芸月評(読売新聞)8月】農業で迫る人間の営み | トップページ | 湿潤な夏の日々 »

2016年8月18日 (木)

作家・田丸雅智の小説をレシート掲載。三省堂書店が提供8/21まで

  三省堂書店の約30書店でショートショート作家・田丸雅智氏とのコラボ企画「レシート小説」を始めた。店内のすべての文庫本を対象に、購入者に田丸氏書き下ろしショートショート作品「POP職人」が印字されたレシートを無料で提供する。新刊『夢巻』(双葉文庫)を刊行記念して企画された。神保町本店2階、文芸書コーナーで田丸氏の著作を中心にしたフェアも行っている。田丸氏はキノブックスが主催する「ショートショート大賞」審査員長も務め、ショートショート作家の育成にも取り組んでいる。8月24日には池袋本店で同大賞の応援団で劇団EXILEの秋山真太郎さんとショートショート講座を開く。「レシート小説」は8月21日まで。

|

« 【文芸月評(読売新聞)8月】農業で迫る人間の営み | トップページ | 湿潤な夏の日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【文芸月評(読売新聞)8月】農業で迫る人間の営み | トップページ | 湿潤な夏の日々 »