« 川西正明「新・日本文壇史」(岩波・4巻)の誤りを金野氏が指摘 | トップページ | 世界文化遺産となった国立西洋美術館を「詩人回廊」で再掲 »

2016年7月15日 (金)

上杉隆氏が自由報道協会の副代表辞任会見で内輪話をする。

 安倍晋三事務所が、なぜか最も恐れるジャーナリストの上杉隆氏が、自由報道協会の副代表を辞任するにあたって、創設の事情を語った。《参照:上杉隆氏が自由報道協会副代表の辞任単独会見
 安倍晋三事務所がなぜ、これほどのバッシングをするのか、また、時の最高権力者の排除活動を受けながら、上杉隆氏は、ジャーナリズム人として、東京都議選に堂々と出馬している現象をどう解釈すべきか、考えさせられる。推察すれば、なんでも、自由報道協会の設立にいちばん賛同したのが、小沢一郎氏であったということである。
 おそらく、自民党の安倍事務所は、上杉隆が小沢一郎氏側につくこと(そういうことはあり得ないと思うが…)を排除しようした背景があるのかも知れない。
 現在、都知事選は、まるで都民を差し置いて、政党間闘争の場となってしまった。もし自民公明が野党連携候補を弱体化させたいのであれば、メデアを使って、上杉隆への情報露出をすれば、票の分裂に効果があるのではないだっろうか。 

|

« 川西正明「新・日本文壇史」(岩波・4巻)の誤りを金野氏が指摘 | トップページ | 世界文化遺産となった国立西洋美術館を「詩人回廊」で再掲 »

コメント

pout安倍政権の言論統制が目立っている。
脅し、嫌がらせ、ネットでの支配強化など・・・何もそこまですることないのに・・・というところまで介入してくる執拗さ・・何でしょうね。(*≧m≦*)

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2016年7月16日 (土) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川西正明「新・日本文壇史」(岩波・4巻)の誤りを金野氏が指摘 | トップページ | 世界文化遺産となった国立西洋美術館を「詩人回廊」で再掲 »