« 「労働者文学」79号、「 白雲」42号、「私人」89号の交流=外狩雅巳 | トップページ | 文芸同人誌評「週刊読書人」(16年7月1日)白川正芳氏 »

2016年7月27日 (水)

スピーチライター近藤圭太氏への取材から

  スピーチライターという人が、職業として、どのような形で活動しているのか、言葉の使い方のひとつ手法として、近藤圭太事務所の話を聞いた。《参照:専門職スピーチライターの現状を聞く
 そのとき、自分が注目したのは、原田マハさんの小説『本日は、お日柄もよく』(徳間書店)に、それを職業とする女性が登場するといことだった。それほど、スピ―ライターという職業が一般的に知られているということは、ひとつの時代性であろうと、注目した。ところが、スピーチライター近藤氏のその後の意見で、あれは必ずしも、日本の専門職としての姿かどうか、疑問に思っているという趣旨のコメントがあった。事情が許せば、今後も近藤氏との交流を図って、現代の時代性の情報発信に活かしたいものだ。

|

« 「労働者文学」79号、「 白雲」42号、「私人」89号の交流=外狩雅巳 | トップページ | 文芸同人誌評「週刊読書人」(16年7月1日)白川正芳氏 »

コメント

外狩さん頑張ってますね。
嬉しいです。wink

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2016年7月27日 (水) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「労働者文学」79号、「 白雲」42号、「私人」89号の交流=外狩雅巳 | トップページ | 文芸同人誌評「週刊読書人」(16年7月1日)白川正芳氏 »