« 「第22回文学フリマ東京」は5月1日に東京流通センターで | トップページ | 総合文芸誌「岩漿」第24号(伊東市) »

2016年5月 2日 (月)

著者メッセージ: 皆川博子さん 『クロコダイル路地』

  フランス革命といえば、貴族の横暴、飢餓に苦しみついに立ち上がる庶民、クライマックスはバスティーユ襲撃という構図が定番ですが、『クロコダイル路地』は、その後に続く革命の〈負〉の側面に焦点をあわせました。
 〈ナントの虐殺〉と〈ヴァンデ戦争〉です。
  自由、平等の名のもとに、惨憺たる虐殺が公然と行われ、一方を邪悪、他方を正義と、黒白二色に分断できない混沌とした時代でした。大革命によってフランスの経済は一時停滞し、その分、イギリスが利を得ます。当時のイギリスもまた、貧富の差は甚だしく、決して望ましい世相ではありません。
 世相がどうであろうと、その時代に生まれ合わせた者はその中で生きるほかはない。
  時代は悲惨ですが、物語の舞台としては魅力があります。十八世紀末のフランス・ナントから十九世紀初頭のイギリス・ロンドンへ。楽しんで書き ました。楽しく読んでいただけますことを。 (皆川博子)(講談社『BOOK倶楽部メール』 2016年5月1日号)

|

« 「第22回文学フリマ東京」は5月1日に東京流通センターで | トップページ | 総合文芸誌「岩漿」第24号(伊東市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「第22回文学フリマ東京」は5月1日に東京流通センターで | トップページ | 総合文芸誌「岩漿」第24号(伊東市) »