« ネットの投稿サイト「エブリスタ」には200万編の作品=外狩雅巳 | トップページ | 文芸同人誌「弦」第98号(名古屋市) »

2015年12月25日 (金)

回顧2015年間ベストセラー 高齢化・話題性・定番 

 文芸評論家、伊藤氏貴さん
 なんと言っても、『火花』に尽きる一年だった。新人の小説が書籍全体の年間1位に輝くとは。芥川賞・直木賞をそれぞれ同時受賞した『スクラップ・アンド・ビルド』、『流』も話題となり、20位までには入らなかったものの、売り上げを伸ばした。数ある賞の中で両賞ばかりが目立つが、それで読者の輪が広がるならよしとすべきだろう。
 ただ、芸人の書く芸人小説に笑いを期待して購入した読者に、『火花』のような地味な純文学は重かったのか、ネット上の読者レビューでの評判は芳しくない。どうかこのブームが火花と散ってしまわぬよう。

 ライター、北尾トロさん
 芥川賞が注目された年だが、本屋大賞に選ばれた『鹿の王』(KADOKAWA、総合12位)が印象に残った。私事になるが、児童文学作家のイメージが強く、子供や女性がメイン読者だった著者が候補作になったとき、我が家でいちばん喜んだのは小学生の娘。傑作だからと言われ、筆者は初めて上橋菜穂子作品に触れたのだ。これは、全国の家庭で似たようなことが起きているのではないか……。書店員たちはその熱気を見逃さなかったのだと思う。『鹿の王』の受賞は優れた作家の会心作を売り伸ばしただけでなく、本屋大賞ここにあり、と本好きを納得させる出来事だった。

 ノンフィクション作家、河合香織さん
 相変わらず自己啓発本は強いが、昨年までのように成長や挑戦といった前向きなものから一転。心身を「整える」内容に変わってきた。
 『フランス人は10着しか服を持たない』で食事と身だしなみを整え、『聞くだけで自律神経が整うCDブック』で神経を整え、『家族という病』で家族の問題を整理し、『一〇三歳になってわかったこと』で老後を考え、キリスト教の叡智えいちを授けてくれる渡辺和子や曽野綾子の著書で心を美しく正す。「置かれた場所で咲く」ことの真の充実を私たちは知ったのか。実は社会としての低成長時代、微衰退時代を象徴しているとも読める。
読売新聞12・18【回顧2015】年間ベストセラー 高齢化・話題性・定番 顕著に

|

« ネットの投稿サイト「エブリスタ」には200万編の作品=外狩雅巳 | トップページ | 文芸同人誌「弦」第98号(名古屋市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネットの投稿サイト「エブリスタ」には200万編の作品=外狩雅巳 | トップページ | 文芸同人誌「弦」第98号(名古屋市) »