« 「工場と時計と細胞と」外狩雅巳の第二章は新春発進です。 | トップページ | すべてがサブカルチャーになると »

2015年12月12日 (土)

森博嗣著「すべてがFになる」の印税6100万円

森博嗣氏が著書「作家の収支」で「すべてがFになる」の印税を明かした。「すべてがFになる」は78万部となり、印税は6100万円だという。原稿料だけで1000万円の案件もあり、全書籍の印税の総額は12億円を超える
《『すべてがFになる』の印税6100万円。小説家って実際どのくらい儲かるのか》

|

« 「工場と時計と細胞と」外狩雅巳の第二章は新春発進です。 | トップページ | すべてがサブカルチャーになると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「工場と時計と細胞と」外狩雅巳の第二章は新春発進です。 | トップページ | すべてがサブカルチャーになると »