« すべてがサブカルチャーになると | トップページ | 「詩人回廊」工場と時計と細胞と(仮題)について= 外狩雅巳 »

2015年12月14日 (月)

240万部でピース又吉いくら!吉本側が「半分」1億円いかない?

 出版取次大手の日本出版販売(日販)とトーハンが2015年12月1日に発表した年間ベストセラーランキングによると、総合1位は「火花」で発行部数240万部を記録。芥川賞受賞作が年間1位となったのは初めてだという。「3万部売れればベストセラー」とも言われる昨今では驚異的な販売部数だ。出版界の通例として、書籍の印税は「定価と部数を掛けたものの10%」がもっともポピュラーとされる。
  「火花」の書籍販売総額は、定価(税込1296円)に部数(240万部)を掛けたおよそ31億円。想定の域を出ないが、書籍だけで3億円を超える印税が著者に転がり込む計算だ。ドラマ化、映画化となるとさらに膨らむ。
  しかし、事はそう単純でない。所属する吉本興業との間に印税配分をめぐって何らかの契約が交わされている可能性があるからだ。又吉さんは15年7月に都内で開かれたイベントで、吉本を経由して印税が支払われると明言、「吉本芸人なので全部が僕のものじゃない」と語った。
  すでに「中抜き」も示唆されており、7月17日付けのスポーツニッポン電子版記事は約8300万円(当時)のうち、4000万円以上を吉本が持っていくと報じている。
《参照:240万部でピース又吉いくらもらったのか 吉本側が「半分」取るから1億円いかない?》

|

« すべてがサブカルチャーになると | トップページ | 「詩人回廊」工場と時計と細胞と(仮題)について= 外狩雅巳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すべてがサブカルチャーになると | トップページ | 「詩人回廊」工場と時計と細胞と(仮題)について= 外狩雅巳 »