« 「星灯」2号、「孤帆」Vol25、「R&W」18号の受贈と感想=外狩雅巳 | トップページ | 外狩自分説話の「記憶の単純表現」での文学性 »

2015年7月13日 (月)

新 同人雑誌評「三田文學」夏季号・2015.08.01発行

鼎談「新 同人雑誌評」伊藤氏貴氏・水牛健太郎氏・浅野麗氏
《今号で取り上げられた作品》
宇野健蔵「晴れた日は電車に乗って」(「じゅん文学」82号、名古屋市緑区)/吉留敦子「女友達」(「AMAZON」469号、兵庫県尼崎市)/安和井間弥「学校の怪談」(「こみゅにてぃ」92号、埼玉県和光市)/水無月うらら「きみから見える世界」(「星座盤」8号、岡山市北区)/板坂剛「秋の彼方に」(「北方文学」71号、新潟県柏崎市)/伊藤文隆「病院の廊下で」(「街道」25号、東京都武蔵野市)/南奈乃「べた踏み坂」(「てくる」17号、大阪市東成区)
/稲村武久「お披露目」(「繋」9号、大阪府吹田市)/飯野修平「大地炎上」(「緑雨」創刊号、埼玉県所沢市)/林ふみお「警邏」(「銀座線」20号、東京都杉並区)/門倉まり「分身」(「じゅん文学」83号、名古屋市緑区)/高樹大至「デコちゃん」(「樹林」602号)
文芸同人誌案内掲示板「mon」飯田さんまとめ。

|

« 「星灯」2号、「孤帆」Vol25、「R&W」18号の受贈と感想=外狩雅巳 | トップページ | 外狩自分説話の「記憶の単純表現」での文学性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「星灯」2号、「孤帆」Vol25、「R&W」18号の受贈と感想=外狩雅巳 | トップページ | 外狩自分説話の「記憶の単純表現」での文学性 »