« 3年続いた個人年刊本「外狩雅巳の世界2013~2015」まで | トップページ | 文芸時評7月号 『アドルフに告ぐ』を観た 早稲田大学教授・石原千秋  »

2015年6月28日 (日)

文芸同人誌評「週刊読書人」(2015年06月05日)白川正芳氏

清水亮鳴「同行二人(その意義)」(「美濃文学」91号)
浅井梨恵子「紙飛行機」(「mon」6号)、「群系」34号「昭和戦後の文学」特集より市原礼子「高見順-「敗戦日記」における詩のようなもの」・名和哲夫「埴谷雄高「死霊」」・星野光徳「村上春樹論」・長野克彦「地動海鳴」
「季刊午前」51号より小山多由美「作家・檀一雄と能古島-「花逢忌(かおうき)のことなど」
「火涼」71号の中園英助13回忌特集より清水信・衣斐弘行・堀口誠・伊藤伸司
稲垣信子『野上豊一郎の文学』(明治書院)、青井奈津『罪の手ざわり』(葦工房)、有森信二「女王蜂の飛行」(「文学街」330号)、多治川次郎「愛と希望の旅立ち」(別冊「関西文学」50号)、池田幸子「海峡派と私と膠原病」(「海峡派」132号)、高橋直之「老人ブラボー」(「残党」40号)
文芸同人誌案内掲示板ひわき さんまとめ

|

« 3年続いた個人年刊本「外狩雅巳の世界2013~2015」まで | トップページ | 文芸時評7月号 『アドルフに告ぐ』を観た 早稲田大学教授・石原千秋  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3年続いた個人年刊本「外狩雅巳の世界2013~2015」まで | トップページ | 文芸時評7月号 『アドルフに告ぐ』を観た 早稲田大学教授・石原千秋  »