« 同人文芸誌「澪・MIO」VOL 5(横浜市) | トップページ | 「偽詩人の世にも奇妙な栄光」四元康祐 »

2015年5月22日 (金)

第28回中部ペンクラブ文学賞に本興寺 更さん「蔵の中」

  第28回中部ペンクラブ文学賞に、本興寺(ほんこうじ) 更(こう)「蔵の中」(『文芸中部』97号/愛知県刈谷市)に決まった。内容と受賞理由は、江戸時代の、武家の家庭を中心に、政争と人間関係を巧みに描いて、現代のサラリーマン社会にも通じる小説に仕上げたこと。
 本年度は候補作として、ほかに古嶋和氏「サクラ、サク」(「火涼」69号・鈴鹿市)、弥生菫氏「塞ぐ部屋」(「峠」65号・名古屋市)、長沼宏之氏「たそがれ団地」(弦」96号・名古屋市)、朝倉瑠々氏「静かな夜のブルース」(「個人誌」№3・熊野市)がノミネートされていた。 
 また、第28回中部ペンクラブ文学賞特別賞(賞状)が 高井(たかい)泉(いずみ) 詩集『女神(めが)む』(土曜美術社出版販売/岐阜県本巣市)に決まった。「百合(ゆりい)く」から「鳩(はと)む」まで28編に冠詩「女神(めが)む」が収められ103頁。
 表彰式は、6月14日の中部ペンクラブ創立30周年記念総会で行われる。《参照:暮らしのノートITO

|

« 同人文芸誌「澪・MIO」VOL 5(横浜市) | トップページ | 「偽詩人の世にも奇妙な栄光」四元康祐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同人文芸誌「澪・MIO」VOL 5(横浜市) | トップページ | 「偽詩人の世にも奇妙な栄光」四元康祐 »