« 文芸同人誌「仙台文学」85号(仙台市) | トップページ | 穂高健一氏の視点による幕末の主導権争いと明治政府の関係 »

2015年2月19日 (木)

【エンタメ小説月評】絆や運命 改めて思う(読売)

 対象作品=杉本章子『起き姫』(文芸春秋)/湊かなえ『絶唱』(新潮社)/上田早夕里さゆり『薫香くんこうのカナピウム』(文芸春秋)/藤岡陽子『闇から届く命』(実業之日本社)。
【エンタメ小説月評】絆や運命 改めて思う

|

« 文芸同人誌「仙台文学」85号(仙台市) | トップページ | 穂高健一氏の視点による幕末の主導権争いと明治政府の関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同人誌「仙台文学」85号(仙台市) | トップページ | 穂高健一氏の視点による幕末の主導権争いと明治政府の関係 »