« 著者メッセージ: 中澤日菜子さん 『おまめごとの島』 | トップページ | 【エンタメ小説月評】絆や運命 改めて思う(読売) »

2015年2月17日 (火)

文芸同人誌「仙台文学」85号(仙台市)

 本誌の同人である宇津志勇三氏の小説「天明の飢饉の後で」が第51回宮城芸術祭で、宮城県知事賞を受賞したとある。作者は四谷用水に詳しく、祖先もその事業に参画していたという。その史実を精査しているという。きっと郷土の資産になるのであろう。自分もかつては、観光地などでは、できるだけ地元の郷土史家の自費出版ものを買い求めていたものだ。
【「翻案 秋色柳落葉―賀美郡柳沢心中事件―」牛島冨美二】
 戦国時代に討ち死にしてしまった武家が、その恨みをもって後世の子孫、金太郎の夢に出て、討ち死の場所を探し出して供養をせよという。そういう昔ばなしがあるらしい。それを翻案してわかりやすく小説にしたようだ。そんな話があるのかと、面白く読んだ。これも郷土の文化資産である。作者は、同時に詩「鶍(いすか)幻想」や評論「谷崎潤一郎短歌一首の謎」、「宮本百合子短歌二首の謎」など多彩な執筆をしており、観賞力の高さや才気ある筆勢が印象に残る。
【「古寺巡礼」「自註鹿鳴集」石川繁】
 和辻哲郎「古寺巡礼」について、和辻が家に残した妻への思慕を抱きながら古寺巡礼の取材をしていたことを明らかにしている。
 また、会津八一が「自註鹿鳴集」を著していて、その和歌のひらがな分かち書きであることなど、知らなかったので勉強になった。
発行所=981-3102仙台市泉区向陽台4-3-20、牛島方。仙台文学の会
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

|

« 著者メッセージ: 中澤日菜子さん 『おまめごとの島』 | トップページ | 【エンタメ小説月評】絆や運命 改めて思う(読売) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 著者メッセージ: 中澤日菜子さん 『おまめごとの島』 | トップページ | 【エンタメ小説月評】絆や運命 改めて思う(読売) »