« いまごろトルコに行くツアーがあって、外狩雅巳氏行ってきたという | トップページ | 著者メッセージ: 中澤日菜子さん 『おまめごとの島』 »

2015年2月15日 (日)

文芸同人誌「北狄」第369号(青森市)

【「解けなかった絆」小野允雄】
 河野祐子と永田和宏という歌人夫婦の解説。短歌はやらないのだが、冒頭にこの句がある。

 手を述べてあなたとあなたに触れたきに息がたりないこの世の息が   河野裕子

 このようなものを読むと、小説の通俗性のなかで、短さのなかの情念表現において、これに勝てない。小説として何をどう書くべきか、考えさせられる。
【「鎌先温泉」笹田隆志】
 主人公の杉本は大学の教授か学者であるようだ。躁鬱症状に悩まされながら、同期会に参加した経緯が語られる。過去の記憶をランダムに思いつくままに書いていく。同期会の話も思い出が多く、実際にタイトルの鎌先温泉での同期会の部分は短い。そのなかで、関根という人物が、自律神経失調症になりながら、病をおして同期会だけは出席する意志を示すところが、強い印象があり、いわゆる小説的になっている。散文的小説という形式に読めた。
【「饒舌の時」秋村健二】
 ぼくと同じ村に生まれた信吉という四つ下の男の人生を語る。語り手を主人公と別に設定して、人の運命を追うというスタイルは考えのあってのことであろう。そこは注意をひいた。地味な話を地味な方法で語るので、独特な雰囲気が出ている。

 その他の作品に共通して言えることだが、原稿枚数的には、短いものでも、書き方がゆっくりしているので、読むのに時間がかかる。文章技術的には、もっとてきぱきとした方が良いのであろうが、本誌の場合は、そうしたのでは抜け落ちてしまうものがあるのだと感じさせる。それは作者の感じている存在時間の長さである。緩慢な書き方でないと、その人の存在した時間の色合いが表現できない。それは書き手自身のなかにある表現欲であるということを感じた。それが同人雑誌作品らしさであるようだ。
 発行所=〒038-0021青森市安田近野435-16、木村方。
紹介者=「詩人回廊」北 一郎

|

« いまごろトルコに行くツアーがあって、外狩雅巳氏行ってきたという | トップページ | 著者メッセージ: 中澤日菜子さん 『おまめごとの島』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いまごろトルコに行くツアーがあって、外狩雅巳氏行ってきたという | トップページ | 著者メッセージ: 中澤日菜子さん 『おまめごとの島』 »