« 文芸同人誌「あるかいど」第54号(大阪市) | トップページ | 文芸同人誌「弦」第96号(名古屋市) »

2015年1月 6日 (火)

文芸同人誌「白雲」39号(横浜市)

 本誌は、発行日1月10日の新春号は昨年暮れに届いた。商業誌並にひと月早く発行したのも読者サービスか。
 俳句主体の同人誌に創作等も増えてきた歴史を持つ。主宰者の岡本高司氏は交流や文芸誌化に意欲的な方だ。関東同人誌交流会にも積極的に参加して来た人だ。
 交流会で知り合って以来、毎号律儀に送られてくる。 今号は小説3作と随筆4作に紀行文も一作あり90頁だ。
 本来の俳句・短歌等の倍近くも散文が占めている。
 岡本氏は「草細工」80句を掲載している。流石は主宰者だ。ユーモァと人情が軽やかに詠われていて幾つか立ち止まった。

    ・がぶ飲みの水道水や夏休み
    ・ビール試飲モンローウォークしてみるか
    ・その墓を離れぬ人や秋日傘
    ・この猫はどこへ帰るか草の花
    ・洗濯物ぱんぱんやって文化の日
    ・顔見知るやうな案山子と出会ひけり

 また、巻頭言の「カノジョのいる風景」岩谷征捷にも立ち止まった。元関脇・開降の本名が青木勘乃丞で、それをカノジョと呼ぶ同級生。昭和三十年の秋田での中学生時代を思い出が記された短文である。
発行所=横浜市港南区港南6-12-21・岡本高司・白雲の会。
紹介者=外狩雅巳《外狩雅巳のひろば》(町田文芸交流会事務局)

|

« 文芸同人誌「あるかいど」第54号(大阪市) | トップページ | 文芸同人誌「弦」第96号(名古屋市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同人誌「あるかいど」第54号(大阪市) | トップページ | 文芸同人誌「弦」第96号(名古屋市) »