« 辻村仁志「ゼロ時計」をまほろば賞関東交流会推薦=外狩雅巳 | トップページ | 大陸的なおおらかさも備えた横山悠太さん「輩ハ猫ニナル」 »

2014年6月11日 (水)

文章論を穂高健一氏に読む

  穂高健一氏の文章教室の講師の現場からの話が面白い。プロの作家も発想の整理に読みに来るという。エッセイ用とはいいながら小説創作にも参考になる。
【事例研究】
A 良くない例
・婚約を破棄した。かれは他の既婚女性と深い関係だった。私と付き合う以前からだと認めた。とても許せなかった。この事情を両親に話せば、そんな陰のある性格なら、結婚してから離婚するより、いまの方が良いだろう、と言われた。

  底(結論)が割れてしまっている。婚約はすでに破棄しているから、ハラバラドキドキ感がなくなる

・中禅寺湖の湖畔の紅葉がいま盛りだった。旅仲間の眼が赤く染まり、それぞれデジカメで撮っていた。それから、お土産物屋に立ち寄った。色づいたのは9月後半からですよ、と店員におしえられた。

 単なる説明にすぎなくなる。

・どろどろの水田で転んでしまった。嫌だな、と身を見た。この5月には農家に体験で出かけたときのことだった。

  後付では、緊張感がそがれてしまう


B 現在進行形ばかり書いていくと、作品が平板になります。しかし、唐突に過去に入ると、読者は混乱してしまいます。
 ここから過去に入りますよ、と読者にしっかり知らしめてから、過去の描写にも入ることです。
《参照:穂高健一エッセイ教室

|

« 辻村仁志「ゼロ時計」をまほろば賞関東交流会推薦=外狩雅巳 | トップページ | 大陸的なおおらかさも備えた横山悠太さん「輩ハ猫ニナル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 辻村仁志「ゼロ時計」をまほろば賞関東交流会推薦=外狩雅巳 | トップページ | 大陸的なおおらかさも備えた横山悠太さん「輩ハ猫ニナル」 »