« 同人誌の存在を解説することから | トップページ | 著者メッセージ: 霜月蒼さん 『アガサ・クリスティー完全攻略』 »

2014年6月 8日 (日)

外狩雅巳作品を通して=北一郎の文芸批評論

 外狩雅巳作品を対象にした評論をいくつか書いてきた。。そこで心がけたのは、外狩氏に理解できる範囲の論考であることはもちろん、彼の仲間である人たちに理解できる範囲での、文学作品が文学であることの要因の解説である。本当はこんなに無駄なことはない。彼らにとって、重要なのは自分の作品についてであり、文学芸術の本質など興味がないからだ。。《参照:外狩雅美のひろば》ここに記された反応記でもしれがわかる。それもご愛嬌で、今後は普通の文学愛好家に向けた要素を取り入れるつもりである。外狩作品の北の論評を読むことで、現代文学の方向性が見えるようにしたいと考えている。

|

« 同人誌の存在を解説することから | トップページ | 著者メッセージ: 霜月蒼さん 『アガサ・クリスティー完全攻略』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同人誌の存在を解説することから | トップページ | 著者メッセージ: 霜月蒼さん 『アガサ・クリスティー完全攻略』 »