« 文芸同人誌「あるかいど」第52号(大阪市) | トップページ | 穂高健一の歴史書!髙間省三を描く『二十歳の炎』 »

2014年6月26日 (木)

電子出版市場が1千億円超え、2013年度インプレス総研調査

2013年度の電子出版市場が1013億円で、初めて1000億円の大台を突破したことがわかった。インプレスビジネスメディアのシンクタンク部門、インプレス総合研究所の調査による。 電子書籍市場は前年比28.3%増の936億円。電子雑誌市場は、同97.4%増の77億円。スマホ、タブレットなど「新たなプラットフォーム向け」の電子書籍市場は、同114・4%増の789億円。ケータイ向け市場は、同60.1%減の140億円だった。インプレス総合研究所は、18年度の電子書籍市場を2790億円程度と予測。この調査は出版社、電子書籍ストア、取次事業者などの電子書籍関連事業者へのヒアリング、ユーザーアンケートなどを分析して算出したもの。

|

« 文芸同人誌「あるかいど」第52号(大阪市) | トップページ | 穂高健一の歴史書!髙間省三を描く『二十歳の炎』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同人誌「あるかいど」第52号(大阪市) | トップページ | 穂高健一の歴史書!髙間省三を描く『二十歳の炎』 »