« 第18回文学フリマに参加。力の抜けた店づくりでも成果は順調 | トップページ | 文芸同人誌「北狄」366号(青森市) »

2014年5月 8日 (木)

市場拡大でなく読者の拡大=北一郎の文芸批評論(3)

  同人誌の市場化という面では、サブカルチャーとして隆盛する漫画のコミケがその地位の確立をした。文学の同人誌については、市場主義において、縮小傾向にある。しかし、どちらもカルチャーである限り、勝ち負けや成功失敗の基準には適合しない。文化力は歴史であり、継続性だけが問われるのだ。非市場システムのなかで、ろいろな試みがある。ネットでの「Stray Cat 創作文芸支援と同人誌感想 投稿サイト」なども出てきた。過去から、直近の「第18回文学フリマ」の活動が見える。市場の拡大と読者の拡大とは同じ面もあるが、異なる場合もある。原理的には、読者の拡大が大きくなると市場性が生まれるということになる。

|

« 第18回文学フリマに参加。力の抜けた店づくりでも成果は順調 | トップページ | 文芸同人誌「北狄」366号(青森市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第18回文学フリマに参加。力の抜けた店づくりでも成果は順調 | トップページ | 文芸同人誌「北狄」366号(青森市) »