« 文芸同人誌評「週刊読書人」(2014年05月09日) 」白川正芳氏 | トップページ | 外狩雅巳「足払い」の作品評論について »

2014年5月20日 (火)

デジタル化と本の市場=原石発掘「紙で出版」も

 セルフパブリッシングが始まり、多くの作品が世に出始めた。けれど、そこから優れた作品を見つけ出す鍵を握るのは、私たちネット利用者だという。著者も自分だけで本を仕上げ、宣伝もしなければならない。可能性は広がった。あくまで自己責任の上に。実に現代的な可能性である。
「デビュー」果たした十市社さん、「作家志望者にはありがたい場」
 「賞には落ちたが、精いっぱいやった作品だったので、生の反応がもらいたかった」。十市さんがKDPを選んだのは、ある新人賞に落ち、行き場をなくした作品が手元にあったからだった。それに手を加えた。
電子書籍 自作発表の場に、原石発掘「紙で出版」も》(読売新聞5月15日)
 最初の反応はツイッターで。絶賛され「返事を打つ指が震える」ほど感激した。やがて思いがけず東京創元社から紙での出版を提案されたが、1月ほど保留した。「紙で出して初めて、作家デビューだと思う。それには書き続ける覚悟が必要」と考えたからだった。「やるだけやろう」。そう決意すると、編集者のアドバイスを受けながら再度、原稿をブラッシュアップした。

 紙で出して分かったのは「今はまだ紙が優位ということ」。紙で出してから多くの編集者から執筆依頼が来た。とはいえセルフパブリッシングの可能性を否定しない。「不特定多数の人に読まれると思って原稿を直すうち、自分の何かが変わった。作家を目指す人には、ありがたい場です」(文化部 村田雅幸)

|

« 文芸同人誌評「週刊読書人」(2014年05月09日) 」白川正芳氏 | トップページ | 外狩雅巳「足払い」の作品評論について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同人誌評「週刊読書人」(2014年05月09日) 」白川正芳氏 | トップページ | 外狩雅巳「足払い」の作品評論について »