« 文芸同人誌評「週刊読書人」(2014年4月4日)白川正芳氏 | トップページ | 文藝誌「なんじゃもんじゃ」花見号・通巻17号(千葉県) »

2014年4月15日 (火)

対談「新 同人雑誌評」勝又浩氏・伊藤氏貴氏「三田文學」第117号・春季号・2014.5.1発行

《今号で取り上げられた作品》
盛岡久元「つけぶみ」(「姫路文学」127号、兵庫県姫路市)/朝岡明美「カプチーノをもう一杯」(「文芸中部」94号、愛知県東海市)/川村道行「ここが世界の中心」(「AMAZON」462号、兵庫県尼崎市)/錺雅代「庚申様の松」(「半月」2号、山口県大島郡)/神盛敬一「森の小道で」(「港の灯」6号、神戸市北区)/菅原治子「「可奈子さん」」(「婦人文芸」94号、東京都品川区)/野中麻世「紙人形」(同上)/平井文子「風の中の熾火」(「まくた」282号、横浜市戸塚区)/曽口十土「クピドに噛まれる」(「mon」3号、大阪市阿倍野区)/谷本好美「節季に来たくずれ遍路」(「風土」13号、高知県南国市)/広瀬弘章「月と自転車」(同上)/根場至「アルプス書房」(「私人」79号、東京都新宿区)/堀田明日香「大いなる正午」(「じゅん文学」78号、名古屋市緑区)/勢隆二「封鎖海峡」(「さんが」3号、神戸市西区)/興津喜四郎「樟の木」(「丁卯」34号、埼玉県桶川市)/小堀文一「「大塩平八郎」私記」(同上)/木戸順子「贈り物」(「弦」94号、名古屋市守山区)/向山タエ子「母の家出」(「文ノ楽」14号、青森県青森市)/笹田隆志「良一の提灯」(同上)/後藤克之「モッテコーイ」(「九州文学」547号、福岡県中間市)/善積健司「ベランダの向こうへ」(「あるかいど」51号、大阪市阿倍野区)/田中美代子「明けの雪」(同上)/刺賀秀子「妹よ」(「小説家」139号、千葉県佐倉市)/とうやまりょうこ「多生」(「孤帆」22号、横浜市西区)/松本あかね「沼の上に立つ家」(「ignea」4号、大阪府三島郡)/木下恵美子「惑いの果て」(「詩と眞實」773号、熊本市南区)/富岡秀雄「鼓動」(「作家」81号、愛知県稲沢氏)/大野光生「ホッといたしましたネ」(「飃」94号、山口県宇部市)
●ベスト3
勝又氏:1.朝岡明美「カプチーノをもう一杯」(「文芸中部」)・2.盛岡久元「つけぶみ」(「姫路文学」)・3.川村道行「ここが世界の中心」(「AMAZON」)
伊藤氏:1.朝岡明美「カプチーノをもう一杯」(「文芸中部」)・同点2.神盛敬一「森の小道で」(「港の灯」)と盛岡久元「つけぶみ」(「姫路文学」)・番外4.向山タエ子「母の家出」(「文ノ楽」)
●「文學界」推薦作:奥田寿子「女ともだち」(「あるかいど)・夏当紀子「しゃぼん玉みたいに」(「飢餓祭」)
(「文芸同人誌案内」掲示板・ひわきさんまとめより)

|

« 文芸同人誌評「週刊読書人」(2014年4月4日)白川正芳氏 | トップページ | 文藝誌「なんじゃもんじゃ」花見号・通巻17号(千葉県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸同人誌評「週刊読書人」(2014年4月4日)白川正芳氏 | トップページ | 文藝誌「なんじゃもんじゃ」花見号・通巻17号(千葉県) »