« 浅田次郎氏における百田尚樹「永遠のゼロ」350万部の意味 | トップページ | 【文芸月評】(読売新聞3月8日)。(文化部 待田晋哉記者) »

2014年3月10日 (月)

文芸同人誌評「週刊読書人」(2014年02月28日)白川正芳氏

「屋上」81号より三木ふみ「暮らしの風景」から「一匹の蜂」・鈴木岬「物置ストーリー」、「宮沢賢治研究 Annuai」23(宮沢賢治研究学会イーハトーブセンター発行)より「宮沢賢治ビブリオグラフィー」・平沢信一「吉本隆明の死と今後の賢治研究」
創刊号は2誌。「石林」(発行所日本大学芸術学部文芸学科)より山本早紀「ほしかげ」、「風紋」より和田ヒロミ「めまい」
第十回森田雄蔵賞は米沢朝子「魂魄」(高知市の同人誌「蒼空」所属)
よしのあざ丸「空港まで」(「季刊午前」49号)、島田勢津子「熱風、のように」(「黄色い潜水艦」59号)、射場鉄太郎「沢津昭八の昭和史」(「AMAZON」1月号)、祖父江次郎「落日の光景」(「季刊作家」82号)、近江静雄「志津川」(「仙台文学」83号)、和田伸一郎「近況断片」(「クレーン」35号)
(「文芸同人誌案内」掲示板・ひわきさんまとめより)

|

« 浅田次郎氏における百田尚樹「永遠のゼロ」350万部の意味 | トップページ | 【文芸月評】(読売新聞3月8日)。(文化部 待田晋哉記者) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浅田次郎氏における百田尚樹「永遠のゼロ」350万部の意味 | トップページ | 【文芸月評】(読売新聞3月8日)。(文化部 待田晋哉記者) »