« 年賀メッセージ: 西尾維新さん | トップページ | 北一郎と外狩雅巳の対峙バージョンⅡ開始 »

2014年1月 5日 (日)

2013年度「推薦同人誌作家」第3位は堀井清さん

 この欄で推薦作家第三位は、「文芸中部」(〒477-0032東海市加木屋町泡池11-318、三田村方。文芸中部の会)所属の堀井清さんにしました。作風はポスト実存主義の専門店のようなもの。日常生活をちょっと見直して見たいと思ったら、「文芸中部」を読みましょう。内面を深く語らず、形成した人間関係でその存在の実相をまろやかに表現する。おそらく音楽に親しむことによる多彩さと美学が反映されているのでしょう。とくに、時系列順話法でありながら、そこにバリエーションが入るところが、すごいといえばすごい。
 同誌93号のエッセイで、若いころに「書くことがないものだけが方法に走る」と教えがあったと書いている。
 実際、若い人気作家の西尾維新は、次のようなことをしている。
「りぽぐら!」西尾維新(定価945円・講談社)があります。リポグラム[英lipogram](名詞)特定の語、または特定の文字を使わないという制約のもとに書かれた作品。
 ルール(LV.1)
 (1) 最初に短編小説を制限なく執筆。
 (2) 五十音46字から、任意の6字を選択。
 (3) 残った40字を、くじ引きで10字ずつ、4グループに分ける。
 (4) その10字を使用しないで、(1)の短編小説をグループごと4パターン、執筆 する!
 (5) 濁音・半濁音・拗音・促音は、基本の音と同じ扱い。音引きはその際の母音とする。
 (6) (2)の6字は、どのパターンでも使用可。
 言葉の持つ無限の可能性に挑んだ意欲作。3編5通り――計15編の小説世界。

|

« 年賀メッセージ: 西尾維新さん | トップページ | 北一郎と外狩雅巳の対峙バージョンⅡ開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年賀メッセージ: 西尾維新さん | トップページ | 北一郎と外狩雅巳の対峙バージョンⅡ開始 »