« 2013年度「推薦同人誌作家」第一位は、坂本順子さん | トップページ | 豊田一郎「屋根裏の鼠」に読む「文芸的社会史観」(6) »

2014年1月 2日 (木)

2013年度「推薦同人誌作家」第二位は和泉真矢子さん

 この欄での推薦作家第二位は、「メタセコイヤ」(〒546-0033大阪市東住吉区南田辺Ⅱ-5-1、多田方、メタセコイヤの会)所属の和泉真矢子さんにしました。同人誌「メタセコイヤ」を初めて知り、まだ紹介記事を書いていません。10号「微かな音」で和泉さんのものを読みました。物語には幾つかの伏線が張られており、しかもありふれた素材のホラーに仕上げた創作精神に注目しました。同時に同人誌作家特有の傾向も残しており、この作品は出来の良くない方ではないか、と判断しました。そう考えると、作品の前段で千枝子と母親の葛藤のところで、母親がつっかけを千枝子に向かって投げつけて怒るところの、説明と行為描写を同時にして話の進行の効率を上げる技は、語り部としての天性の素質とみて、期待しました。中ごろの曖昧さと定石的描写の微妙なところも、ここでは効果をだしているのは、意図的か偶発的か不明ですが、語り部の勘の良さであろうと判断しました。この話の薄気味悪さは、登場人物の関係のあり方の表現力からくるもので、それをべたに通俗で大衆性のある霊と結びつけたところは、非文学時代の中に切り込む道具として、最後の抵抗になるのではないか、と期待します。企画を達成させる腕力もある。
  その他、「石榴」の木戸博子さんも考えましたが、すでに新聞で文芸エッセイを書かれているようなので、パスです。

|

« 2013年度「推薦同人誌作家」第一位は、坂本順子さん | トップページ | 豊田一郎「屋根裏の鼠」に読む「文芸的社会史観」(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013年度「推薦同人誌作家」第一位は、坂本順子さん | トップページ | 豊田一郎「屋根裏の鼠」に読む「文芸的社会史観」(6) »